やすらぐ場所

c0323384_22460300.jpg


草間彌生の展覧会を、彼女が生まれた松本で観ました。
ほとんどの作品が撮影不可でしたが、撮れたものの一部を。
展覧会のタイトルは「ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」


c0323384_22461765.jpg




c0323384_22435359.jpg


「これは・・・・・・ここがアタマなんですかね?」
と、学芸員に聞いているオジサン。
「どうぞお好きなように、ご覧ください」
ニコニコしながらこたえている。

真っ暗な中を誘導されて進むと一面光る水玉の海だったり
4人ずつ20秒間だけ滞在できる部屋は鏡張りで
見渡す限りかぼちゃに埋め尽くされていたり
作家が幻覚や幻聴を描き始めたころの油彩画も見られたり
おおいに楽しみました。


c0323384_22441738.jpg


私は草間彌生が好きなのです。
たぶん、作品以上に彼女自身が好きなのです。
89歳になる現在も旺盛な創作意欲が衰えないのは
彼女にとっては当然のことです。
「描かなければ自殺しそうになって大変なのです」と言うのですから。
記念に、かぼちゃがプリントされたTシャツと
彼女がギロリとこちらを見ているポストカードを買いました。



それからここへ。


c0323384_23123356.jpg


小さなクラシックな喫茶店の一角に
冬の手仕事を展示していただいたのです。
いろんな人たちのお世話になりました。ありがとうございました。

会場でダンボール織のワークショップもしました。


c0323384_23132490.jpg



c0323384_23133639.jpg


この喫茶店は、心に病や痛みを抱えたひとたちが働いています。
今回のワークショップに参加してくださったのは
ほとんどが家族にそういうひとをもつ人たちでした。

もともと、ダンボールを使った織物を始めたのはこの場所でした。
私もかつてここでお世話になったのです。
ダンボール織は、描いたり作ったりする私のひそかな喜びが
多くの人とわかちあえるものへと変わるきっかけとなりました。
仲間の笑顔を見て、自分にも何かできるかもしれない、と思ったのです。

社会にうまく適応できない、傷つきやすい心の持ち主に
絵を描いたり音楽をしたり、表現世界に没頭する人が多いのはなぜでしょう。
私はここに来ると「帰ってきた」という気がします。

家から出られない娘さんのために
材料一式を持ち帰ったおかあさん。
それだけで、この場所で出来てよかったなあと思います。

よい旅になりました。



[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2018-04-18 09:51
とてもいい再訪でしたね。
>89歳になる現在も旺盛な創作意欲が衰えない
このことがどれほど素晴らしいことかをつくづく感じている今日この頃です。
Commented by ppjunction at 2018-04-18 12:54
作品は「ことば」だと思う。
声を発し、ことばを駆使して自分の感情を表現することが困難な人。
他者とのコミュニケーションを取るのが難しいと感じた人。
色彩や形、音やメロディー、それらを通じて自己表現をしているって、感じます。

昔、出口が見えない生活をしていた時代、安アパートの部屋の壁一面に絵を書きたい衝撃を抑え切れず、夜中に夢中でやってしまいました。ーーやり終えた後の清々しいしさ。
不思議と元気を取り戻しましたが、あれは何だったのか。

最近、私にも病んでいる人の手助けができないか模索してます。
背中を押された様に思います。

Commented at 2018-04-18 13:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-18 14:32
kotokoさんのふるさとですね。
私の大好きな日本歌曲、竹久夢二作詩の「母」を
思わず口ずさんでしまいました。
https://www.youtube.com/watch?v=51J0kdzFYN0
↑ YouTubeです、聞いてみてくださると嬉しいです。
Commented by fusk-en25 at 2018-04-18 14:41
心の闇をあかりに変えて。。生きようとしてきた。。
ちょっとキザな表現やな。。と自分でも思うのですが。。

社会にうまく適応できない。
その「社会」の「悪?矛盾?」の方が改善されない限りどうしようもないやん。と
社会心理(特に労働心理の)のカウンセラーをしている息子に言うのですが。
「確かに社会が変わることは難しい。しかしその社会に対して。。
適応とまではいかなくても。
対するのにちょっと楽になれるような(ほんの少し強く?なれる?)
手助けならできるのかもしれない。
程度のことならできるとあんた思ってんの?」と私が言うと。
「まあそうやな。自己満足かもしれへんけど」と。。言いました。

ハルさんの冬仕事が。。「春」の場所にかかっている気がする展示です。
Commented by jarippe at 2018-04-18 14:59
まあ ビックリ 美術館へいらしたのですね
嬉しいです 見ていただけて
その創作意欲には圧倒されますね
ワークショップ 素敵なことですね
私も覗いてもいいのかしら
Commented at 2018-04-18 22:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 09:49
☆佐平次さん
いい再訪でした。
草間さんを支える周りの人たちのご苦労もちょっと思いますが。
何より、本人が生きるエネルギーを発散しているのは素晴らしいことですね。
季節の変わり目、どうぞお体お大切になさってくださいね。
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 10:00
☆ppjunctionさん
そうですね、表現されたものは言葉なのですね。
言葉として出なくても、「非言語」のコミュニケーションはできるものだと思います。
紙に入りきらないような絵を描くのは解放されますね。
子どもの頃、与えられた画用紙が窮屈で、そこらじゅうに絵を描いていたことを思い出しました。

私も自分の苦悩を誰かのお役に立てていただけたなら、これ以上の幸いはないなあと願っています。
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 10:03
☆鍵コメさん
まあ!たぶん、きっと、それは私ですね。
本当に世間は狭いですね。
悪いことはできないなあ^^;
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 10:09
☆そらいろさん
「母」知りませんでした。
昨夜、なんだかとても心に響いて繰り返し聴きました。
教えてくださってありがとうございます。
ふるさと―母なるもの―今回再訪した場所、そこで出会った人たちも、私にとって、待っていてくれる母なのだなと思いました。
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 12:26
☆fuskさん
息子さんは社会心理のカウンセラーでいらっしゃるのですね。
一見、社会(組織)に適応しているかのようでも、そこで息苦しさを感じている人は多いだろうと思います。
適切な助言や支えがあったら、また一歩前に進む力となりますね。

この展示は、私が行くことができず、すべて先方におまかせしました。
細やかに配慮されて、有り難いことでした。
毎冬、ただ小さな世界で作り続けてきたものが、こんなふうに外の世界に出してもらって喜んでいるようです。
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 12:30
☆jarippeさん
松本の美術館は初めて行きました。
駅から美術館まで、水玉の旗が並んでいて楽しかったです。

このワークショップはこの時だけですが、喫茶店での展示は5月6日までやっていただいています。
おついでがありましたらぜひ^^
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 12:38
☆鍵コメさん
100円ショップの織り機、たぶん裏に作り方が載っていたと思います。
子どもでも年配の方でもできますから、ぜひ。
たて糸も毛糸が使えます。縒りのしっかりかかった太めのものを使うとやりやすいですね。

そうなんです、あの場所です。
当時は週に一度、1時間ぐらいずつダンボール織の時間をもっていました。
作品に仕上がらなくても、その輪の中に安心していられる居場所をみつけてくださって、私自身が励まされました。
その体験が今につながっていることに感謝しています。
Commented by anemone3-anemone4 at 2018-04-19 18:20
温かさに包まれるような展示ですね
ワークショップに参加したいと感じます
Commented by rinrin at 2018-04-19 20:07 x
私も松本に行くと(息子家族が住んでいるので)寄ってきます。なんだか別の世界に連れてってくれるみたいで好きです。
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 21:26
☆anemoneさん
落ち着いた空間に合うか心配だったのですが、ここに集う人の空気が柔らかく包んでくれました。
anemoneさんならどんな作品を作られるかしら、拝見したいです^^
Commented by kotoko_s at 2018-04-19 21:28
☆rinrinさん
息子さんご家族が松本にいらっしゃるのですね。
松本は好きな街です。
この美術館は初めてでしたが、また行ってみたいと思いました♪
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2018-04-18 09:42 | 観る | Comments(18)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30