この冬の手仕事

c0323384_22154381.jpg


久しぶりにここに来ました。
この冬の手仕事を記録しておきます。
こういうとき、わが家は撮影にぴったりの場所がなくて困ります。
おまけに室内では光が足りず色がぼんやりして残念です。

豪雪地の当地でも、今冬はことのほか厳しい日々でした。
暗く長い長い時間、なにか手遊びせずにどうして送れましょう。

裂き織の敷物は115×125センチ。
織りの部屋で使いたくて作りました。
ここ数年は古布のパッチワークをしていたので
裂き織は久しぶりです。
義母から譲り受けた布地も残りわずかとなりました。
色々な布を少しずつ織り込んだのはそんな事情もありましたが
なにより、楽しくにぎやかなものが見たかったのです。


c0323384_22162490.jpg



裂き織でコースターも織りました。

c0323384_22182333.jpg


実家方面でお世話になった場所で
手仕事を展示していただけることになりました。
コースターは販売用です。
小さな喫茶店の一角ですが、私の作品はどちらかというと「濃い」ので
ほっとひと息つく場所に、どうなんでしょう、と少々心配ですが。

夫が作ったマタタビ蔓&山ブドウ蔓のストラップも
一緒に送り出します。
奥会津のささやかな手仕事を見てもらえたら嬉しいです。



c0323384_22273177.jpg




c0323384_22251441.jpg



夫が除雪機で雪の壁を飛ばしてくれて
裏道も開通しました。
数か月ぶりに車が入ります。
92歳になった義母が出かけるときは、ソリで運ばれていましたが
これからは押し車を押しご近所まで自力で行けます。
視界をさえぎっていたものが消え
なんてせいせいしたことでしょう!

広々と明るい空!

待ちわびた春の到来です。




[PR]
Commented by fusk-en25 at 2018-03-18 00:30
本当に「豪雪」なんだと。。
改めて雪の壁を見ました。
飛ばした道に映っているのも雪かな?と想像して。。

それにしても様々な色合いの。。
冬に作っていたなんて思われない明るい裂織り。。
いいな。
トウちゃんのストラップ。私も欲しいな。白いのが好みです。。笑。
Commented by miyabiflower at 2018-03-18 01:02
裂き織り、とてもきれいな色合いですね。
古い布を織り込んで
一緒に様々な思い出や歴史も織り込まれているようで
とてもとてもいとおしいものなのですね。
コースターもストラップも近ければ買いに行きたいです♪

春の到来ですね。
雪の上ではなく、道を歩けるのですね。
Commented by jarippe at 2018-03-18 17:40
素敵ー!! 見ているだけでクワクドキドキしてしまいます
世に二つとない素晴らしい織物 こういうの大好きです
ご主人様の作品も素晴らしいですねー
こういうものに囲まれて生活なさるハルさんはもっともっと素敵です
Commented by kotoko_s at 2018-03-18 22:41
☆fuskさん
この冬はまさに豪雪でした。道に映っているのも雪山の影です。
除雪機で飛ばした雪がまだ家の脇には見上げる高さの山になっているので、早く消えるように炭の粉を撒きました。

ありがとうございます、暗い冬だからせめて明るい色合いを見たいのですね。
ストラップ、白いのはマタタビの蔓です。
使っているうちに飴色に変わっていきますが、それもきれいなんですよ。
Commented by kotoko_s at 2018-03-18 22:53
☆miyabiflowerさん
ありがとうございます。
義母の縫ったもの、家族が使ってきたものに出会えたことが、裂き織を始めたきっかけでした。
使い古された布が新しい表情によみがえるところに喜びも面白さも感じます。
ヘタな仕事ですが、楽しくできました。

雪の上でなく乾いた道を歩けること、車も安心して走らせることができて本当に嬉しいです。
春って、いいですねえ。
Commented by kotoko_s at 2018-03-18 23:01
☆jarippeさん
ありがとうございます。
jarippeさんのクッションを拝見して、私も「素敵ー!」と思いましたよ。
裂き織に使っている布のほとんどが義母のものですが、家族や親しい人の使ったもの、着ていた服などが姿を変えて今の暮しを彩ってくれるのは嬉しいものですね。
当地では、春を待ちわびながら手仕事をするのが長い冬の過ごし方です。
私も夫も不器用なことしかできませんが、お互いのものを褒めあって満足しております^^
Commented by Chiko at 2018-03-19 22:13 x
手作りの暖かさが伝わってきます。
冬ごもり中は 春になったら あれも、これも、、、と頭の中がカラフルになりますよね。私も手仕事の記録を残したくなりました。
ストラップ、いいですねぇ。同じような素材で作られたクリスマス・オーナメントのお星様を思い出しました。
Commented by kotoko_s at 2018-03-20 07:53
☆Chikoさん
ありがとうございます。拙いものですがご覧いただけて嬉しいです。
冬の厳しい地方に住んで、大変なこともたくさんありますが、それも含めて自分の内面が豊かになっていくような気がしています。
手を使った仕事は小さなものでも充実感や達成感が味わえますし、手を動かしながら次の季節の計画を考えたり、長い冬にはぴったりですよね。
ストラップ、自然素材なので経年変化していき、それもまたいいものです。
私同様、夫の仕事も緻密とは言い難いのですが^^;
Commented by rinrin1345 at 2018-03-22 20:42
すごい雪の壁ですね。裂き織はとても懐かしいです。祖母の思い出ですけど。私もソファにかけてますよ。
Commented by kotoko_s at 2018-03-22 22:46
☆rinrinさん
雪の壁、毎年同じ写真を撮っているのですが、今年は格別の高さでした。
まだしばらくは消えそうにありませんが、車が通れるようになったことがしみじみ嬉しいです。
ソファにかけていらっしゃる裂き織、どんな色合いでしょう。
拝見したいです。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2018-03-17 22:14 | 作る | Comments(10)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31