一年が終る

c0323384_08540816.jpg


今年も残すところ数日となった。
これからの日々は年取りの支度に追われるのだ。
今朝は吹雪。大雪警報が出た。わがや観測所では積雪70センチ。
ああ、トーチャンよ。
妻は温泉か南の国へ行きたいぞ。
朝からバアが「なますこさえといてもいい」「ひたし豆もやるんだべ」と
何十回目の念押しをしている。
バアは今日、デイサービス。
「雪だからやめんべか」と言っていたが
早々にこしらえた大きなボール一杯のなますを見せたら
「友だち来てっかもしれねぇから行ってみっか」
ソリに乗せられて出かけて行きました。
よかった(笑)


この一年をふりかえってぼんやりと浮かぶのは
「体調」とか「病気」とか「入院」とか
あまり明るいとはいえない文字で
それは自分のこともだが、親も大きく変化した一年だったからだろう。
それでもみんな、元気に年取りを迎えられる。よかったよかった。


一大決心した割にいとも簡単に挫折したのが、「服は買わない」である。
どうしても必要に迫られたものをひとつ買ったら
タガがはずれてしまったのがなんとも軟弱。
中でも大きな買物だったのが、ダッフルコートだ。
重くて肩が凝るからなあ、もう着ることもないだろうと思っていたが。
これからますます身体は楽なものを求めるだろう、だったら今しかない。
オリーブグリーンのダッフルコートと
ついでに革のショートブーツもえいやっと買ってしまった。
ああ、嬉しい。お洒落の楽しみを思い出す。
これを着て街へ出でかけた。
雪の地ではどこへ行くにもダウンジャケットと長靴が定番だもの。
わくわくする気持ちを思い出せたのだから、これもよしとしよう。
そのかわり、要らなくなったものはどんどん手放した。


c0323384_09051817.jpg


ここ数年の中では珍しく、今年は本をたくさん読んだ。
帰省の列車の中で、隣の部屋に義母の気配を感じながら
一人になれる時間は意外とあった。
長いこと悶々としていた事柄には一応の決着がついた。
人生的課題にも思わぬところから優しい答えが出た。
こうしてゆっくりと思い出していくと
良いことがとても大きく輝いて見える。
さあ、次の幕が上がる準備は万端だよ、と
背中に温かい手をそっと当ててもらっているような。

伝えたいこと、表現したい気持ち。
それを言葉にして届けることがとても難しい一年でもあった。
実際に誰かと話すことも、ここに書くことも。
言葉にして出せば途端に自分の言いたいことからずれていってしまう、
そんなもどかしさをいつも感じていたような気がする。
でも、言葉ってそういうものかもしれない。
だからこそ表現すること、
誰かと関わりあうことをあきらめてはいけないのだと思う。



c0323384_09112502.jpg


色々と書き始めたらもっと書きたいような気持ちになってきましたが。
そろそろ台所に戻らなくてはなりませんので
このへんでお仕舞いにいたします。
何はともあれ、今年はよい一年でした。感謝です。

おいでくださった方々、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えください。



[PR]
Commented by fusk-en25 at 2017-12-27 09:47
ああ、綺麗な雪景色だ。。
うっとり。

オーバコートはたくさん持っているのですが。。
この歳になったから、軽いダウンコートを買おうかな?と
ネットをあちこち見ては。
手触りのわからないようなネットで勿論 物はよう買いませんけど。。
夢想はしてみるのです。。

ボールいっぱいのなます。。いいですね。
今年は干した柿を入れて3色なますにしようかな?と思ったりもしています。
積雪にめげず。お風邪を召しませんように。

Commented by pallet-sorairo at 2017-12-27 11:34
会津からの日々のおたより、
とても楽しみでした。
来る年もどうぞよろしく。
良いお年を。
Commented by kotoko_s at 2017-12-27 12:16
☆fuskさん
昨日からの雪でほとんど視界はまっ白です。
しんとして野中の一軒家みたいですよ^^

東京にいた頃は丈の長いオーバーコートが好きでしたが、こちらに来てからはダウンしか着なくなってしまって。
ダウンは確かに軽くてあったかくて冬の必須アイテムなのですが。
たまにウールのコートを着ると気分が変わりますね。
ネットは素材感や色が今ひとつわからないですものね。
私も帰省の折などにお店で見ますよ。

なます、私も干し柿を入れたことがあります。実家でしていたので。
でもこの家では大根と人参だけがいいようで。

拙いブログへお越しくださってありがとうございました。
fuskさんもどうぞお体お大切に。よいお年をお迎えくださいね。
Commented by kotoko_s at 2017-12-27 12:24
☆そらいろさん
おいでくださってありがとうございました。
そらいろさんもどうぞよいお年をお迎えくださいね。
来年もぜひとも!よろしくお願いいたします^^
Commented by rinrin at 2017-12-27 16:57 x
オリーブ色のダッフルコート、なんて素敵なんでしょう。
ダウンジャケットに、長靴、ほんとにね、それじゃないと仕事に行けません。
私は着ないうちに、太ってしまい、昔のコートは着れないんじゃないかしら
暮れはお忙しいんでしょうね。私はこれからあんこと黒豆を煮て、30日の餅つきに備えます。よいお年を!

Commented by kotoko_s at 2017-12-27 20:00
☆rinrinさん
オリーブ色のコート、ちょっと珍しい色だったのですが、意外と何にでも合って重宝しそうです。
rinrinさんも30日に餅つきですか。
あんこをちゃんと煮るのですね。私はもうズルして買ってきてしまいます。
明日は豆や棒鱈を水に戻します。
晴れたらえご(海藻)もさらせるのですが、どうやら雪のままの年取りになりそうですね。

おいでくださってありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。
Commented by jarippe at 2017-12-28 06:58
kotokoさんの日々 思い 夢 望みなどが
どんどん伝わってきました
ぼんやり暮らしている私 目が覚めたようです
どうか来年もご自分のなさりたいことが進められますように

雪 降っていますねー お気をつけて
Commented by kotoko_s at 2017-12-28 07:28
☆jarippeさん
なんだかとりとめもなくだらだら書いてしまいました。
私は書こうとするとちょっと肩に力が入ってしまって、どうもうまくありません^^;
来年はもう少し具体的に日々のことを気負わず綴ってみたいです。
おいでくださってありがとうございました。
そちらは寒いでしょうね。お体にお気をつけてよいお年をお迎えくださいね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-12-28 08:05
おはようございます。

「きれいな雪景色の写真!」と思いますが、
そこに住む人たちの大変さがKotokoさんのこのブログでよくわかりました。
今年は特に年末に寒波がやってきていつも以上に大変でしょうね。
でも、kotoko さんには機がある。
以前『アームチェア・ガーデニング』(アームチェアに座り、冬に間、
春の庭の計画を考えて過ごす)という言葉を読んだことがありますが 、
アームチェアガーデニングならぬ“アームチェア機織り(?)“を楽しん
でください。いや、外に出なくてもできるから“アームチェア”でも
ないかな?(笑)

この一年このブログを読ませてもらっていろんなことを知りました。
ありがとうございました。
トーチャン、ばあ、kotoko さん、皆さんお揃いで楽しい新年をお迎えください。
Commented by saheizi-inokori at 2017-12-28 10:51
隠居して何もしなければそれでもいいのかもしれない私には毎朝人のブログを訪問して、懐かしい土地や懐かしい若かった時代などを追体験するのが、いまでは必要不可欠なルーティンになりました。
来年も楽しみにしてますよ~。
Commented by kotoko_s at 2017-12-28 11:58
☆PochiPochiさん
こんにちは。
昨日は吹雪いて冷え込みました。今日も曇天、でも雪は舞っている程度でほっとしています。
暮れに青空が見えてくれると心身ともに楽なのですが。

「アームチェア・ガーデニング」いいですね。
長い冬は新しい春の計画をゆっくり考えられる季節ですね。
私も暮れのあれこれの合間に、ちょこちょこと機に座って一段、二段と織り進めています。
手を動かしていればいつか出来上がる。ささやかなものでもまさに手ごたえを感じます。
こちらこそ、いつもおいでくださってありがとうございました。
PochiPochiさんご家族もどうぞよいお年をお迎えくださいね。
Commented by kotoko_s at 2017-12-28 12:03
☆佐平次さん
毎日、佐平次さんに見守っていただいているような安心感がありました。
おいでくださってありがとうございました。
昨日、猪苗代から湯川、坂下の辺りがテレビに出ました。
ちょうど大雪の頃で、ロケは大変だったでしょうが、会津の冬らしくていいなあと眺めていました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
お体お大切によいお年をお迎えくださいね。
Commented by Yozakura at 2017-12-31 05:42 x
野ウサギの足跡さま
 無沙汰しております。久し振りに訪問したところ、何と一面の雪。積雪も70センチに達しているとの由、難儀な暮しですね。

> オリーブグリーンのダッフルコートと
> 革のショートブーツもえいやっと買って---

 そう云えば、最近はその「ダッフル・コート」なんて、滅多に見かけなくなりました。40年以上も昔、学生の頃は冬の街中でしょっちゅう見掛けたもので、キャンパスの冬の風物詩でした。私も所持しては居ますが、10年以上も着用せず。ひょっとして「若返りのアイテム」なのですか?
 雪の日々、町へ出掛ける機会が増えると宜しいですなぁ。お元気で。
Commented by kotoko_s at 2017-12-31 11:11
☆Yozakuraさん
おいでくださってありがとうございます。
只今の積雪、80センチほどでしょうか。
でも大晦日は穏やかに晴れて、台所に立っていても体が楽に動いてありがたいです。

そうなのですよ、ダッフルコートがリバイバルらしく、熟年層は思わず懐かしい気持ちになりますね。
私も学校時代に着て以来でした。今は素材も雰囲気も軽やかなものがあるようです。
毎年のことながら雪の予測はつきませんが、できる限りダッフルを着て街へ出かけられることを願っています。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2017-12-27 09:22 | ある日 | Comments(14)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30