いよいよ

c0323384_08590386.jpg


昨夜から降りだした雪、今朝はご覧の通り。
上の写真で道のように見えている隙間は側溝です。
ここもまもなく一面まっ白になるでしょう。



c0323384_08592908.jpg


桜の木もすっぽり。


c0323384_08594446.jpg


ここ奥会津は新潟の天気予報を見る。
今日から明日にかけ大雪を警戒してください、とのこと。
今朝はトーチャンがカンジキを履いて道を踏んでくれた。

いよいよ長い冬が始まる。




さて。
「テワッサ」も始まりました。

c0323384_09074104.jpg


木綿を裂いて織り込む裂き織り。

たんったんっ 打ち込む音だけ聞いていると
こころが落ち着く。
一段、また一段、目の前に表われてくる手のあと。
窓の外では雪が黙って降っている。

あわてず、しっかり、でも力はぬいてゆったりと。
たんったんっ たんったんっ

c0323384_09150146.jpg



トーチャンはマタタビ細工です。

初雪のころ山から集めてきたマタタビの蔓。
外皮を剥いたら4つに割って芯を取り除き
平らになるまで刃物で引く作業。
ザルを編み始めるまでの下ごしらえに7割といわれる。

c0323384_09345400.jpg


カーテンを開けても弱い光しか届かない。
仕事部屋はストーブをつけて30分たっても息が白くて
足も冷たくなってきたのでちょっと休憩。

ゆっくり 楽しんでいきましょう。
春まで時間はたっぷりあるのだから。





[PR]
Commented by jarippe at 2017-12-12 10:41
もうこんなに積もったのですか 今度の寒波2,3日滞在するようなのに
こちらも白馬方面いつもの倍近く積もっているみたいです
スキー場の雪不足の心配はなさそうです
生活圏はほどほどにしてほしいですね

どうどゆっくり楽しんでいかれますように
旦那様のマタタビ細工また見せてくださいね
Commented by kotoko_s at 2017-12-12 12:10
☆jarippeさん
こちらの雪はいきなりどっさり積もります。
今も屋根から雪崩落ちる音が聞こえてきます。ああいよいよ、という感じですね。
そちらも寒いでしょうね。
どうぞお大切に。

マタタビ細工、夫は久しぶりに取り組んでいます。
また進捗状況をご報告しますね♪
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-12-12 12:36
すごい雪の量ですね。

次男の中学時代の恩師の言葉を思い出しました。
新潟の雪深い村の出身の先生です。
「なんで新潟はいつまでたっても都会のような暮らしに
ならないのだろうとずーと思っていました。
関西の大学に進学し、就職をして、暖かい雪のない
関西で暮らすようになって初めて雪が原因だったのだと
わかりました。雪のない生活がどれほど楽であるか。
でも、今ではやはり雪のないお正月が恋しく思う自分に
時々ハッと気がつくことがあるのです」と。

私には想像もできない生活ですが、
その中での生活を楽しんでくださいね。
準備された木綿の裂かれた布の色を見ているだけでも楽しい。
どのような布になるのだろうかと想像を巡らせています。
作品の完成が楽しみ♪
ご主人のマタタビ細工も楽しみです。
時々ここで紹介してくださいね。
Commented by hanamomo08 at 2017-12-12 15:28
そちらは降りましたね。
秋田はものすごい風で雪は積もっていませんが、寒い寒い。
kotokoさんの冬籠もりはてわっさがあるからしあわせですね。
ご主人のまたたびの籠も手間がかかる仕事なのですね。
だからその分いい物が出来上がるのですね。
裂織りの色合い玉にしただけでも美しい色合いです。
何度も水を通した木綿の色合いもいい手触りでしょう。

私は今日残っていた紅玉で簡単なケーキを焼いて食べました。
林檎の酸味がさっぱりして心地よく、熱いお茶で温まりました。
これから冬籠もりの日々ですね。
Commented by kotoko_s at 2017-12-12 19:20
☆PochiPochiさん
そろそろかと思っていまたしたが、いきなりまとまって降って、まいったなあ、という気持です。
毎年のことですが、いよいよという気持ですね。明日まで続くようです。
私も東京にいた頃の冬を思い出すと、なんて楽だったんだろうと思います。
雪になると一日何度も除雪したり雪を踏んで道をつくらなくてはなりませんし、車の運転は危険ですし、なにかいつも肩に力が入っているような感じなんですよ。
今日はさっそく在来線が運休になりました。

私はこうして家にいられるので恵まれているなあと思います。
今日も織りましたよ。
夫のマタタビもまた紹介させていただきますね♪
Commented by kotoko_s at 2017-12-12 19:28
☆momoさん
降りました^^
今も降っていて、今日は大雪警報が出たようです。
倒木もあって、こんな日に外で作業する人たちのご苦労に頭が下がります。
私は家から出なくていいので、ありがたいと思わなくてはいけませんね。
義母が部屋にいる間、夫と私もそれぞれの作業部屋でテワッサをしています。
あんまり夢中になると義母を忘れてしまうので気をつけないと(^^;
私のところでは多くの人が冬のあいだに色々な手仕事をして過ごします。
長い冬があるからこその恵みですね。

momoさんの林檎のケーキ、美味しそう!
こんなお菓子もつくってもらえるご家族はお幸せですねえ。
体に気をつけて楽しい冬にしましょうね♪
Commented by saheizi-inokori at 2017-12-12 21:45
絵本にでてくるような暮らしです。
とうーちゃんがいるからいいね。
Commented by fusk-en25 at 2017-12-12 23:02
真っ白。。綺麗だなあ。

外からの刺激がなくても内から湧き上がる。。
ふつふつした気持ちを持てることが、
楽しみになれば。。
冬もへっちゃっら。なんて簡単なことを言いますが。。
それを保つのはまた大変だろうなあ。。

でも。年を越せば。。少しづつ明るくなる。。と。
鬱陶しい空を見ながら言い聞かせています。

Commented by kotoko_s at 2017-12-13 04:49
☆佐平次さん
きれいでしょう。
はい、トーチャンがいないなんて!考えられません(^^*
Commented by kotoko_s at 2017-12-13 04:59
☆fuskさん
雪は魔物のようです。
雪に埋れた生活は厳しいのですけど、降り積もった景色を眺めていると本当に美しいなあと。

「外からの刺激がなくても内から湧き上がる。。
ふつふつした気持ちを持てることが、
楽しみになれば。。」
そうですね。長い冬ごもりの期間があるからこそ、内省的になることもできるし、春までにこれを作ろうとか、楽しみや張り合いを見つけることもできるのだろうと思います。
ただ、おっしゃるように、それを保ち続けるのが難しいと感じることもしばしばで。。。
だから、「冬至」になればコメ一粒分ずつ日がのびるとか、「節分」までくればあとひといきとか、日本人は季節の中に区切りをつけて心身を整えてきたのかもしれませんね。
私も何より暗いのがダメなので(と言いつつ、最近は夜中に目覚めて起きてしまうのですが^^)、冬になるたび「大丈夫?」と心配されるのですが、なんとか自分を励ましていこうと思っています。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2017-12-12 09:41 | 作る | Comments(10)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31