体を使う

この時期は天気予報を見ながら畑優先である。
今年も秋仕舞いの一大イベント、大根の収穫をした。
お百姓の仕事は中腰じゃないと務まらない。
ああ私には到底務まらない。
「腰痛ベルト」をぎっちり装着して、いざ。


c0323384_03303709.jpg

トーチャンが抜いて、私が葉を切り落とす。
この葉っぱ、昔は干して刻み、少ないコメに混ぜて「カテマンマ」にした。
今はほとんどの葉っぱを畑に返す。


c0323384_03310653.jpg

畑は家のすぐ上にあり、一輪車に積んでトーチャンがおろしてくる。
庭先の「ミジャ(水場)」で私が洗う。
今はいいゴム手袋があるから全然冷たくない。

ちょっと軽いのは、切ってみるとたいてい真ん中に穴が空いている。
いいところだけ切って、これは漬物用。
よいものが100本あった。来年の春まで食べつなぐ。


嫁いできたころは、山の畑でつくっていた。
車に積んで往復したが。
その昔は義母と義父が背負って家まで歩いて運んでいた。



c0323384_03311838.jpg

白菜は、朝露の乾いた午後に収穫する。112個。年々少なくなっている。


c0323384_03485429.jpg


今日はガラス窓に「雪囲い」(冬囲いとも)をする。
降り積もった雪と屋根から落ちる雪で、一階部分はほぼ埋まってしまうから
雪の重みでガラスが割れないようにカバーする。
今は透明なプラスチック板だが、昔は「オオダリ」といって
丈高いカヤを編んで覆いにした。
そのためのカヤ刈り場が山にあって
刈ったカヤに自分の体が埋まるほど背負って何度も往復した。


            *


えーと。実は腰痛の話を書こうと思っていたのですが。
昔のひとのまことに体を痛めつける過酷な労働を思い浮べていたら
なんだかしゅんとしてしまったので、今回はここまでにいたします。

91歳のバア。よく働いてきたね。
すごいね。





[PR]
Commented by fusk-en25 at 2017-11-13 08:47
おお。。なんと綺麗な白菜。
こういう光景を見ると真っ先に姑を思い出します。
今頃ならお日様に4つ割りにした20個か30個の白菜を干していました。
大樽に塩漬けしてから糠で漬け直します。
沢庵も50本は漬けていて。3月ぐらいの酸っぱくなった沢庵を塩出して、
沢庵の煮物を作ってました。長いこと食べてないなあ。。そんなもの。。
一時期ここでも沢庵やべったらを漬けたこともあったのですが。
漬物に向く大根を探すのが難しいのでやめました。

腰痛には簡単な体操をがオススメです。ただし毎日続けること。
私は強度のぎっくり腰を何度もやりましたが(自分で立てなかった)
25年前から毎晩腹筋をやり始めたら。全く出なくなりました。
重いものを持つのも本来は厳禁ですよ。

カヤの雪囲いっての見たかったなあ。。
Commented by pallet-sorairo at 2017-11-13 09:00
>降り積もった雪と屋根から落ちる雪で、一階部分はほぼ埋まってしまうから
冬ごもりという言葉そのものですね。
と言いながら、やっぱり私の想像の域を超える雪国の暮らしです。
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-13 10:18
只見の駅舎が埋まっていたっけ。
雪の匂いがあったなあ。
Commented by kotoko_s at 2017-11-13 12:53
☆fuskさん
fuskさんのお姑さまもマメな方だったのですね。
うちの義母もついこのあいだまで、べったら漬けやらひしお漬け(大根を小麦のフスマなどで漬ける)やら、大量に漬けておりました。
漬物名人で有名でした。
わが家ではしませんが、春先、酸っぱくなった漬物を炒めて食べます。

腰痛、やっぱり腹筋を鍛えないとダメなんですね。
腰、首、膝と三重苦で耐え難く、義母のついでに整形で診てもらったのですが、痛み止めと湿布だけで根本治療ではないのです。

カヤの雪囲い、今では滅多に見られません。
義母は昔、オオダリもムシロもザルも何もかも手作りしていました。
まさに「百姓」ですね。
Commented by kotoko_s at 2017-11-13 12:56
☆そらいろさん
はい、まさに「冬ごもり」です。
今日は見事に晴れ渡って気持のいい青空。
こんな日に出かけたら怒られちゃう(笑)
わが家もご近所も雪囲いをすませましたよ。
Commented by kotoko_s at 2017-11-13 12:57
☆佐平次さん
只見はまた奥会津でも格別の雪の深さですからねえ。
雪の匂い、しますね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-11-13 15:38

こんにちは。
すごい量の大根と白菜!
思わず母のつけた大根を思い出しました。
何月何日に必ず種をまいて、何月何日には抜き、何日間風にさらす。
塩加減は、糠の分量はといろいろ教えられたのですが、
けっしてその味にはならない。
なぜなのでしょうね。ちょっとしたコツ、塩のあんばいなのでしょう。

想像もできない雪国の生活。
ばあは大変な労働をしてきたのですね。
残り時間、しあわせに生きてもらいたいですね。
Commented by fusk-en25 at 2017-11-13 18:13
腹筋も今は毎晩50回やっていますが。
急にこんな回数をやってはいけません。
最初は5回?ぐらいからちょっとづつ増やしていく。
一番大事なのは毎晩やること。怠けたい時は今でも3回か5回やって。今日の分。
と言うことにしています。笑。
手仕事で肩や手が痛くなりそうな時は。ベルダのオイルアルニカをすり込んで寝ます。
私は第五腰椎が割れているのが原因でぎっくり腰が起こるのですが。
手術しても治らない、自分の筋肉を鍛える以外にないと30代に主治医に言われていて。
それなのに。
腹筋をやり始めたのは40代後半からですが。。笑。
Commented by stanislowski at 2017-11-13 21:02
すごいなぁ。
母方は百姓だから根性が違うんです。
知恵もあるし手先も器用。
そして辛抱し過ぎて体をぼっこしたりしてね。。。

こんな時代だから百姓になりたい。遅すぎるけど。
畑の事や自然科学、知識をネットで仕入れているようなボンクラでダメです。
Commented at 2017-11-14 02:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotoko_s at 2017-11-14 05:45
☆PochiPochiさん
こんにちは。
お母様は沢庵名人でいらしたのですね。
わが家の義母も漬物が上手でしたが、同じことは到底できず。
コツの要らない漬物をヨメが漬けております^^
大根も白菜も、これでも私が来た頃に比べるとずいぶん少なくなりました。
以前は大根を洗うのが腰にきて辛くて大変でしたが、今回などあっというまに終ってしまいましたから。

バアは苦労の多かった人です。
「今は幸せだ」と言ってくれるのが嬉しいです。いい時間を過ごしてもらいたいと思っています。
Commented by kotoko_s at 2017-11-14 05:55
☆fuskさん
腹筋を50回!すごいなあ。。。
ためしに今、やってみたのですが、1回目で腰が痛くてとても続けられそうにないなあ。
腹筋もいろいろなやり方があると思うのですが、(私は右腰が椎間板で痛いのですが)どんな方法がいいのでしょうね。
昔一度やってもらってとても相性のよかった整体師は遠方だし、病院はもう行ってもしょうがないし、近くによい整体を見つけたいと思っていますが。
手指も弱くて、裂き織りの布を裂くのが辛くなってきたのでごまかしながらやっています。
好きなことを長く続けるためにもそろそろ本気で体の世話をしてやらなくちゃと思っています^^
Commented by kotoko_s at 2017-11-14 07:42
☆stanislowskiさん
そうですね、お百姓は根性も知恵も手先の器用さも、そして辛抱しすぎも、筋金入りでしょう。
わが家のバアもそうですよ、とてもとてもかなわない(^^;

stanislowskiさんはそういうお母様の娘だから、お百姓になる血が騒ぐのではないかしら。
うちのバアも時々「いんたーねっとでしらべてくろ」なんて言いますよ^^
[百姓は覚えきったってことはねぇんだ。死ぬまでやっても知らねぇことあっから」ってね(^_-)-☆
Commented by kotoko_s at 2017-11-14 07:51
☆鍵コメさん
おはようございます。
そちらはずいぶん気温が低いのですね、私はそんな寒さは経験したことがないのです。
特に会津は雪が積もってしまうと思ったより暖かいのですよ。
昔は大根でもキャベツでも雪の中に入れて凍みらせないように保存しました。
冷蔵庫より雪の中のほうがあったかいんですね。
犬の散歩はいいですね。私も犬がいたら歩く動機づけになりそう、なんて思う怠け者です(笑)
保険のきかない施術は長続きできないので残念ですよね。私も昔は鍼に通ったこともありましたが。
野菜づくり、故郷の味を育てるのは楽しいことでしょうね。
Commented by hanamomo08 at 2017-11-17 20:51
なんて美しい風景でしょう。
今年も見事な白菜や大根、近くだったら2つくらい分けてもらいたいなと思いました。
これでも年々少なくなっているのですね。
お義母さんは今までこれを毎年繰り返してきたのだと思うと私まで頭が下がる思いです。
それに寄り添ってきたkotokoさんのことはもっと尊敬します。
白菜漬けは美味しいでしょうね。
暖かい部屋で食べるひやっとしたお漬物は雪国の人たちのご馳走ですから。
Commented by rinrin1345 at 2017-11-18 20:57
小さい頃を思い出しました。普通に作っていた量なんでしょうね。
今は夫と2人、大根20本、白菜20個、なかなか食べきれず、職場の人にあげます
私もなんだかお漬物をしてみたくなりました
Commented by kotoko_s at 2017-11-20 16:22
☆momoさん
2つといわず、たくさんお届けしたいですよ^^
私が嫁いできたころは、この倍はありました。
まだ山の畑で作っていて、何往復もしましたが、これを背負って徒歩で、なんて、とてもとても私など真似できるはずもありません。
ほんとうに昔の人は立派ですね。
正直に言えば、大人3人家族、それに親戚を入れても数えるほどの家族で、これだけの野菜を保存したり料理するのは、主婦としては「やれやれ」ですよ(^^;
白菜漬けも大根も、雪国の人は何がなくてもお漬物がなくては、というぐらい漬物が大事なんですね。
私はいぶりがっこに憧れています。
Commented by kotoko_s at 2017-11-20 16:26
☆rinrinさん
農家でいらっしゃいましたか。
私はサラリーマン家庭で育ち、恥ずかしいほどもやしっ子です(^^;
白菜も大根も、ひとつを食べきるのにずいぶんかかりますものね。
漬物は栄養の面でも、優れた知恵ですね。
漬物名人の義母のようなわけにはいきませんが、今冬も漬けようと思います♪
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2017-11-13 04:21 | ある日 | Comments(18)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31