ゆたかなくらし

家の中の朝仕事を終えて畑に上っていくと、作業はほとんど終わっていた。
丸い背中に、おかあさん、と大声で呼びかけても振り向かない。
汗が入って一度壊れたので、補聴器は腰に下げた小さな布袋にしまってある。
今年もじゃがいも掘りの季節がきた。

嫁いで初めての夏。
義母と同じ格好で―畝をまたいで中腰で―芋を掘った。
炎天下の畑は土の中までほこほこ熱い。土ぼこりと熱風で顔が焼ける。
上手だ、頑張るなあ、と褒められていい気になったら、翌日起き上がれなかった。


今年の芋は小ぶり。量も多くはない。
義母の前に立つとようやく顔を上げ
「遊びだ。おめぇはいいよ。かぼちゃでも煮てくろ」
今の義母にちょうどいい大きさの畑になって、気のもみ方もゆるやかになった。

汗と土まみれで芋を掘る88歳の義母は
もう畝をまたいで歩けなくなった。
肥料袋にぬかを詰めた手作り座布団に腰をおろしたまま
土の上をずーずー這うようにして移動する。

帰りがけにひとつ、もいだかぼちゃを、甘く煮て仏壇にお供えする。
午後は出かけるので夕飯の支度もすませた。
きゅうりとなすとトマトとピーマンがメインの夕餉。
バアチャンとトーチャンの好物のイカも煮たし
美味しい豆腐を買って帰って冷奴もつけましょう。



今朝の朝日新聞デジタルに、こんなニュースがあった。

関西電力・元副社長の証言


盆暮れに1千万円ずつもらって当たり前だった人たちと
それをせっせと運ぶのが仕事だった人たち。

ゆたかな暮らしの意味を、あなたたちは知らない。

________________________________

Commented by saheizi-inokori at 2014-07-28 21:49
ハガキ一枚が嬉しいですものね。
Commented by kotoko_s at 2014-07-28 22:31
☆佐平次さん
庶民のほうが、しあわせを知っていると思いますね。
Commented by hanamomo06 at 2014-07-28 22:45
おばんです。
ほんとに庶民の人のほうがどれだけしあわせを知っていることか!
じゃがいも堀りの季節ですね。
暑い時期で大変なんですよね。
今朝、私もご近所さんから掘りたての『きたあかり』をもらって、すぐにサラダにしました。
『芋ほりご苦労さん!』とねぎらったら『うれしいな~』と笑顔が返ってきました。
そんな小さな幸せを積み重ねていくのが一番の幸せです。
お義母さんの老いを見つめるあなたの温かいまなざしからも幸せをいただきました。
献金って私達の払った電気料金から捻出したんですね、怒り心頭。
Commented by kotoko_s at 2014-07-29 22:39
☆momoさん
『きたあかり』はポテトサラダにぴったりの品種ですよね。我が家も作ってますよ。それとほかに2種類。
イエイエ そんな温かいヨメでもないですが^^;
でも、うずくまるようにして畑仕事している義母の姿には、やはり胸を衝かれる思いがします。かなわないな、と。

こういうひとたちのお金が、電力会社の発展や原発推進のために利用されてきたのかと思うとくやしくてたまりません。
Commented by noreizoko at 2014-07-30 00:07
泣ける。泣けました。わんわん泣いてしまいましたよ〜。言葉がないので、夜中に糠漬け混ぜました・・・。え〜ん。すみません。
Commented by mi-mamam1 at 2014-07-30 13:27
この年代の方々は仕事をして当たり前なのでしょうね。うちの義母も動きたいでしょうに。かわいそうに思いました。
きゅうり仕事、義母のやっていた方法を時間のある時に聴いてみます。
ぱりぱりして、ごはんの共に一年中食べていました。
Commented by kotoko_s at 2014-07-30 22:42
☆ noreizokoさん
畑の義母の姿には胸が詰まって。。。

「夜中の糠漬け」って、なんか随筆になりそうですね^^
そういえば糠漬け、ここではやらないですねえ。
会津といえば「三五八(さごはち)漬け」。

でも、私は糠漬けで育ったので、懐かしいな^^
Commented by kotoko_s at 2014-07-30 22:48
☆ mi-mamam1 さん
そうなんですよね、ここでは仕事することを「かせぐ」と言います。
「ただ居らんにぃ」というのもよく聞きます。勤勉で真面目な世代ですね。

お義母さまも。
義母も、畑が生きがいですから、できなくなったら、どれほどせつなかろうと思います。

いつまでもぱりぱり食べられるキュウリ仕事、教えていただけたら嬉しいなあ^^
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2014-07-28 12:29 | 3.11以後 | Comments(8)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31