老いの重荷は

旅のお供は米原万里「パンツの面目ふんどしの沽券」だった。
幼稚園時代に生まれた「キリストの下腹部は何でおおわれているのか」という疑問。アダムとイヴが前を隠したイチヂクの葉は、なぜ落ちないのか。大好きだった父親のフンドシ、あれはそもそもどこからやってきたのか。シベリア抑留の記録から明らかになった「拭かない」話。パンツを穿かない話。ズボンを穿くと叱られる話。パンツを穿かないなら女性の「月のもの」はどうしていたか。全編これ、古今東西の下腹部を覆うものの話である。
よくぞここまで、と半ばあきれるほどに追求の手を緩めない。巻末に付した『主な参考資料』は10ページにも及んでいる。日本語訳のものだけで200件近い。この真剣さ、注目している場所が場所だけに可笑しくなってもくるのだが、女性の「立小便」の話や野良で用を足す習慣などは、現在でも、奥会津ではたまに目にしてしまう光景である。

もともと、2001年から2003年まで『ちくま』に連載されたものだという。読者はさぞや楽しみに次号を待ったことだろう。単行本化にあたっては、ずいぶん時間がかかった。あとがきに、卵巣癌の発覚、除去、再発、そして悪性度の高い癌であることを、さらりと書いている。
『もともと、このテーマには全人生を捧げても間に合わないくらいと思っていたのに、人生そのものの時間がカウントダウンに入ってしまったのだ。』
無念であったろうと思う。この約一年後に、米原万里さんは他界した。56歳だった。

パンツの面目ふんどしの沽券 (ちくま文庫)

米原 万里 / 筑摩書房




駅構内の本屋で目についてパッと買ってしまったのが「50歳からの人生を楽しむ老後術」(保坂隆編著 大和書房)。保坂氏は精神科医だ。軽い書き方で少々物足りなかったが、最後のページにいいものが待っていた。102歳の人生を女優として生きた長岡輝子が晩年よく朗読したという、一篇の詩が紹介されている。


「最上のわざ」

この世の最上のわざは何?
楽しい心で年をとり、
働きたいけれども休み、
しゃべりたいけれども黙り、
失望しそうなときに希望し、
従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、
人のために働くよりも、
謙虚に人の世話になり、
弱って、もはや人のために役だたずとも、
親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物、
古びた心に、これで最後のみがきをかける。
まことのふるさとへ行くために。
おのれをこの世につなぐくさりを少しずつはずしていくのは、
真にえらい仕事。
こうして何もできなくなれば、
それを謙虚に承諾するのだ。

神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。
それは祈りだ。
手は何もできない。
けれども最後まで合掌できる。
愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために。

すべてをなし終えたら、
臨終の床に神の声をきくだろう。
「来よ 我が友よ、われなんじを見捨てじ」と。



東京イグナチオ教会の主任を務めた、イエズス会のヘルマン・ホイヴェルス神父の書「人生の秋に」の中で紹介している詩だという。
知らなかったが、日本の映画「ツナグ」の中でも使われたそうだ。

『老いの重荷は神の賜物』―この人生がいつ終わるのか、それは神様しかご存じない。今日、ただいまが、すでに私の最終章かもしれない。
そのときがいつであっても、重荷と感じられる様々な試練こそが恵みであると思えたなら、どんなに素晴らしいだろう。

人生の秋に―ホイヴェルス随想選集

ヘルマン ホイヴェルス / 春秋社


[PR]
Commented at 2014-01-28 21:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotoko_s at 2014-01-28 23:09
☆鍵コメさん
お越しくださってありがとうございます。
今朝はこちらも今冬一番の冷え込みでした。
どうぞお大事になさってください。
覚え書きのような日記ですので、気負わず続けていけたらと思っています。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2014-01-28 15:30 | 読む | Comments(2)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31