青空

朝はこの冬一番の冷え込み。こういう日は晴れる。
洗濯をする。冬物はかさばるので2回。窓の外に干した。
パソコンでいろいろとやりたいことがあったが、障子の向こうが明るくなってきたので外に出た。冬の光はつかのまなので、急いでつかまえなくては。
出てみると、まぶしいのに光が弱い。カメラを向けるとよくわかる。撮りたい風景がいくつもあるが、見たままが写らない。
車庫の前は長靴3分の2ほどの積雪。下は凍ってガチガチなので、今のうちに片付けておく。20分ほどやり、汗びっしょり。マフラーをはずし腰に巻いて、いつものコースを散歩する。
厚い、何層にも重なったような雲が次第にほどけ、青空が見えてきた。この時期の空は、晴れると透明な青になる。
山裾に広がる真っ白な平ら。雪の重みでゆらりとしなった杉の大木。日差しにゆるんで、あちこちで小さな雪崩が起きている。
ゆっくり歩きながら、時々写真を撮る。なにかわからない動物の足跡。雪の山は生きものの気配がする。

この場所を歩くのは冬だけだ。
歩きながら風景を眺めていると気持が落ち着いてくる。誰とも行き会わない。

瞑想をするとき、頭に浮かぶことや聞こえてくる周囲の音などは、そのまま受けとめながら流していくことを教えられた。
透きとおった青空の下、真っ白な自然の中をひとり歩くことは瞑想に似ている。
清々しい、あたたかなものがおなかの底に置かれたような。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2014-01-03 23:46 | ある日 | Comments(0)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31