<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

自在の心

c0323384_13514764.jpg
桜の幹にからみついたコクワ(サルナシ)が風に揺れる



このところ病院づいていて少々気落ちしている。
胆のう手術のあとは大腸内視鏡検査、それも大事に至らずよかったのだが
しばらくは静かに生活するようにとのこと、予定していたことができなくなってしまった。
本当は今週、帰省するつもりだった。
こんなことなら検査なんて後回しにすればよかったと後悔したが、仕方ない。
自分も両親もこうして無事であることに感謝しよう。


c0323384_13520071.jpg
5年前、義母が木蓮の根元に植えた野ブドウ 初めて実をつけた



しばらく手にとることのなかった『暮しの手帖』だが、最近はたまに買う。
ふと、手近にあった6-7月号の「家庭学校」を何気なく読んで、思わず笑ってしまった。


「私は、霊峰富士を背にした富士市のケアハウスに暮らしています。気持ちは乙女ですが、85歳。老人です。今あるのは、たっぷりの時間と夢だけですが、夢は自由自在です。テレビで見たおいしい料理を食べ、旅することだってできます。」

「2年前に倒れて以来、最近のことは忘れてしまいますので、すぐに書き留めておくようにしています。足腰が立たず、一日中車椅子に乗る生活ですが、手と口、耳は健在ですので、スタッフさんを笑わせたり、時々困らせたりもしています。年寄りの集まりには小さな諍いもあって、私もちょっと憎まれ口をきいたりします。反省しています。」


うふふ。

退屈しのぎに始めた「言葉遊び」について

気がつくと平仮名の羅列になっているので、小学生用の漢字辞典を枕元に置いています。漢字は、漢字ノートに5Bの鉛筆で書いて練習しているのですが、書くのは大変疲れますので、やはり気負わずに時々。恥ずかしながら駄作を少々。」

「湧いて出ることばの泉おおいいぞ早く書き留めねばすぐ消える急げ」
「昔話聞くも語るも楽しげに嘘か真か刻は流れる」
「呆け女房似た者亭主の世話を焼き」
「生きてきた時が今の顔にでる悔いても遅いが気づくだけまし」

あはは。

「今朝は、車椅子を押してくれたスタッフさんが『今日の富士山は綺麗よ』と、廊下を遠回りして見せてくれました。キラキラと美しかったこと。周りの方に優しく支えられて、日々、皆さんに自然に『ありがとう』と言える私は、幸せです。」


巧まざるユーモアに笑いながら、85歳のこの女性(N.Mさん)に感服した。
この投稿文のタイトルは「自在の心」。
「自在」とは、邪魔するものがなく思うとおりになること、と辞書にはあるが、仏教用語でもあるらしい。
煩悩の束縛から解放されて自由になることが「自在」。
ならば縛っているのは自分自身だったということか。

この女性のように、今ここにあること、あるがままに感謝して生きられる人が
本当に幸せな人というのだろう。
周りの人も嬉しいに違いない。



c0323384_13522450.jpg
こんなに可憐なのにヘクソカズラとは・・・



元気に実家のために力を尽くしている弟妹たちを遠くで眺めながら
なんとなくさびしい、残念な気持だった。
私だってできることをやっているんだぞ、などと
いい年して言ってみたいような気持になったりもした。
自由にならない境遇を今更ながら嘆いてみたり。
だが、きっとすべて必要だから備えられているのだ。
病気も休養も老いた義母との生活も、すべて。
私に最良のことが与えられている。
「自在の心」で生きたいなあと思う。





[PR]
by kotoko_s | 2017-08-21 16:09 | 読む | Comments(12)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31