<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

薔薇子ちゃん

今年もヤマナシの花が満開。

c0323384_23093873.jpg



5歳まで、父の家にいた。

私が生まれたとき、祖母は私の父と母に提案した。
「この子の名前ね、バラコちゃんはどうかしら」

庭の薔薇がこんなにきれいなときに生まれたから、と祖母は嬉しそうに言ったという。
薔薇子。なんだか、すごい。
私の名前は、男の子でも女の子でも、これにしよう、と両親が決めていた。
この名前を私は気に入っているが、祖母に「薔薇子ちゃん」と呼ばれてみたかったな、とちょっと思う。

仕事に忙しい両親の代わりに、私と多くの時間を一緒にいてくれたのは祖母だった。
家の裏の保育園には、毎朝、祖母が連れていってくれたのだろうか。
初めての集団生活は恐ろしかった。
すべり台の頂上にしゃがみこむとドンッと背中を押され、地面に投げ出される。
上履きを履こうとすると、ない。
園庭の下を流れている川のほとりに落ちているのが見つかった。
音楽に合わせて体操するのが恥ずかしかった。みんなが笑って見ている。
と、先生に訴えたが誰も信じてくれない。
私は毎日、持って行ったお弁当を提げて、途中でひとり家に帰るようになった。
祖母と一緒に白黒テレビで「ローハイド」を見ながらお弁当を食べた。
ラジオから坂本九ちゃんが毎日流れていて、大声で歌った。

そういうことがどのぐらい続いたのか、ある日、私は祖母に言った。
「おばあちゃん。わたし、もうほいくえんにいきたくない」
祖母は「そう。なら、行かなくていいよ」と言った。
翌日から、私は本当に保育園には行かず、一日中、祖母と庭で遊んだ。

いつだったか、そのことを母に話したことがある。
おばあちゃんにそう言われてすごく嬉しかったこと、はっきり覚えてる。
母は笑って言った。「ちょうどあの時、引っ越すことが決まっていたからね」

そうじゃないんだ。
そんなことはどっちだっていいんだ。
「もう行きたくない」と言った私に、「行かなくていいよ」と言ってくれた、そのことが。
なんだかうまくやれず困っていた小さな私を、どんなにほっとさせてくれたことだろう。

引っ越した田舎に、祖母はよく来てくれた。
手をつないで山道を歩きながら、草花や虫の名前を教えてくれた。
薔薇の木の下で一緒にしゃがんで、おしゃべりしたときと同じように。


誕生日がくると、細面で美しかった祖母の笑顔を懐かしく思い出す。
母は私には遠く感じられるほど、祖母との思い出が濃い。
だが、大人になってから気づいた。
離れて暮らすようになっても祖母と度々会えたのは
母と姑であった祖母が親しく行き来していたからだったのだと。






「ローズ」という歌がとても好きだ。
弱っているとき、そっと背中を撫で力をくれる。
なんだかうまくやれない「薔薇子ちゃん」を
信じて見守り続けてくれた、祖母を思い出す。





[PR]
by kotoko_s | 2017-05-06 09:24 | ある日 | Comments(10)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31