カテゴリ:作る( 32 )

夢中

テレビで、鹿児島の福祉施設「しょうぶ学園」の人たちの作品を見た。

4年をかけて重厚な刺繡がほどこされたシャツは
糸の重みで片袖が抜けている。
これを創った作家は幼い頃から
自分で決めた規則的な色彩の配列に従った絵を描いていた。
シャツ全体を埋め尽くすように刺されたリズミカルな色。

ある作家は、自分の作品を「ネコ」と呼ぶ。
布に色とりどりの糸を刺しては小さくくるみ、また刺し、を繰り返す。
時にビーズなどを加えながら、それをさらに布や糸でくるんでしまう。
幾重にも包まれた小さなお守りのようなかたまり。
そこからはみ出す鮮やかな色彩の渦が美しい。

「玉止め」にこだわる作家は。
淡い色糸に無数の小さな玉止めを結んでいる。
それは無限に増殖し続け、どこで完成となるのか見当もつかない。
繊細な玉止め糸に縫いとめられた薄い布きれが、
大海原に浮かぶ小舟のように、部屋いっぱいに広がってゆく。


私はこの番組を途中から見て、釘付けになってしまった。
彼らは一日中、自分の世界に夢中になっている。
ただひたすら表現している。圧倒された。

私たちの日常は「すべきこと」に溢れている。
「やりたい」より、「しなくちゃいけない」ことのほうが優先されている。
もちろん、家族や社会のために力を出すことはいいことのはずだが
ほんとうに無心になって自分自身のためだけに
生きている瞬間がどれほどあるだろう。

彼らの作品を見ながら
私は懐かしさのような熱い気持ちでいっぱいになった。
あそこに帰りたい。
たぶん、ごく幼いころには私もそうだった。
自分のしていることに意味など見つけようとしないで。
作品にするための意図も努力もなく
ただ内側から湧き出てくるものに夢中になっていたはずだから。


c0323384_22070028.jpg


色とりどりのボロを織り込んでいるとき
こころが浮き立つ。
作品を仕上げることは実は結果でしかなくて。
ただ、今、こうして織っていること、この色、この色、と
積み上がってゆくものの中に自分がすっぽり入っていることが嬉しい。

こんな時間を、もっともっとたくさん持とうと思う。
私にとってものをつくったり絵を描いたりすることは
何より自分自身になれる時間なのだから。




[PR]
by kotoko_s | 2018-01-08 22:33 | 作る | Comments(16)

マタタビザル

c0323384_12453069.jpg


吹雪の翌朝、雲間からうっすら日が差し始める。
嬉しくて山を下りた。
雪景色がとてもきれいなので途中で写真を撮ったけれど。
どんなに明るく見えても光が足りないなあ。


c0323384_12465578.jpg


除雪車の通ったあとはツルツルだから、緊張しながらそろそろと。
昨年植えられた桐の苗が何本もすっくと立っている。
ここは数年前まで杉木立だった。
間伐されなくなって大きく育ちすぎた杉が光を遮って
この坂道はいつまでも雪が消えず今よりもっと怖い道だった。
だから広々と明るくなり、雪も早く消えるようになって嬉しい。

でも、ここを離れた人たちはたまに訪れると
「あの杉山がよかったのに」と惜しむのです。
郷愁って、そんなものなのかもしれません。

毎冬、大雪で倒れた杉が電線を切って停電になっていたので
電柱は道端に移動されました。
景観は損なわれるけれど、停電のたびに雪を漕いで山奥へと入っていった
工事の人たちのご苦労が少しは楽になったのならいい。


c0323384_13164604.jpg


トーチャンは除雪の合間にマタタビ蔓のザルこしゃえ(作り)。
長い冬は「てわっさ」の季節だからね。


c0323384_13171108.jpg


c0323384_13173917.jpg


縁はクマゴヅルを入れてしっかり編む。
蔓などの材料はその季節に山へ行って採集します。
ひと冬に作れる分だけ。


c0323384_13182757.jpg

ふたつ完成しました。
家の中で一番明るい場所で撮ったのですがぼんやり。残念。
みかんやお菓子を盛るのにちょうどいい大きさのめごいザルです。
出来たては白っぽいけれど、使っているうちにあめ色の艶が出てきます。
竹細工より柔らかな手触りで水切れがよく、マタタビザルは台所でも大活躍。


c0323384_13371352.jpg


下は義母が昔編んだマタタビザル。
ほしいという人もいたけれど、息子が買い取って家に置いてくれて本当によかった。
こんなに見事な仕事はもうなかなか見られません。
豆や野菜を入れて今も現役。わがやの自慢です。


c0323384_13380606.jpg





[PR]
by kotoko_s | 2018-01-04 13:55 | 作る | Comments(20)

再スタート

c0323384_09001942.jpg



新たな気持ちで始めた裂き織り。
こんな、ちょっとごちゃごちゃしたものが見たかったのです。


c0323384_09241656.jpg



虫になったような気分のときってあるものだ。
ごくごく私的な、ちいさな世界で充足している。
それじゃあダメじゃん、と誰かが言ったとしても
わたしがよければそれでいいんだよ、と思えるときが。


織っていると虫になれる。
わたしは虫で十分しあわせ。



c0323384_09304008.jpg





[PR]
by kotoko_s | 2017-12-24 12:39 | 作る | Comments(8)

寒さの中で

c0323384_19430709.jpg


大雪の翌朝、晴れたので山を下りる。
この景色を見れば
重く垂れ込めた曇天も降り込められる鬱陶しさも忘れてしまう。
キンと冷え込む朝ほど、その日は晴れる。


c0323384_19433303.jpg


数年ぶりだからというわけでもないだろうが
裂き織がどうもうまくいかない。
経糸(たていと)の通し方の順番を3回も間違えた。
やっと織り出したところで、端の始末の仕方を忘れていた。
これは40cm幅を3本つなげてマットにするつもりだった。
2本目までは調子よく進んだが。
3本目で経糸が足りなくなってしまった。
計画がおじゃんである。


c0323384_19441254.jpg


それに。
なんだろう。こういうんじゃないんだよなあ、という気分なのだ。
自分でやっといてこうじゃないもないものだが。
織り上がったものを見ると、なんだかしっくり、どんぴしゃとこない。
こうじゃないんだよなあ。
というわけで、糸が足りなくなったのは吉兆だったと思うことにした。
あらためて一から織ることにしました。
これはこれで別の何かにいたしましょう。


c0323384_19460387.jpg


昔、北海道の友人宅へ行ったら
地下室にボイラーがあってびっくりした。
冬はそれで家中を暖めるんだときいて
当時はただすごいなと思っただけだったが。
今、あの家がものすごく羨ましい。
家の中どこにいても暖かかったらどんなに楽だろう。

会津のこの家は寒い。
ヒーターと炬燵でぬくぬくの居間を一歩出れば外とおんなじ。
台所も長いこと暖房禁止だった。
なんでも出しておく昔人の義母が
「ものが悪くなる」と嫌がったので。
昔はどこの家でもそうだったのだろう。昔の人は強いなあ。


冬は寒くて心身ともに身構えてしまう。
光が足りず気も滅入りがちになる。
でも。
今度織るものはきっと気に入ったものになるだろう。
楽しみを自分の手で作り出せる、私もまんざらでもない、と思っている。


[PR]
by kotoko_s | 2017-12-17 20:38 | 作る | Comments(18)

いよいよ

c0323384_08590386.jpg


昨夜から降りだした雪、今朝はご覧の通り。
上の写真で道のように見えている隙間は側溝です。
ここもまもなく一面まっ白になるでしょう。



c0323384_08592908.jpg


桜の木もすっぽり。


c0323384_08594446.jpg


ここ奥会津は新潟の天気予報を見る。
今日から明日にかけ大雪を警戒してください、とのこと。
今朝はトーチャンがカンジキを履いて道を踏んでくれた。

いよいよ長い冬が始まる。




さて。
「テワッサ」も始まりました。

c0323384_09074104.jpg


木綿を裂いて織り込む裂き織り。

たんったんっ 打ち込む音だけ聞いていると
こころが落ち着く。
一段、また一段、目の前に表われてくる手のあと。
窓の外では雪が黙って降っている。

あわてず、しっかり、でも力はぬいてゆったりと。
たんったんっ たんったんっ

c0323384_09150146.jpg



トーチャンはマタタビ細工です。

初雪のころ山から集めてきたマタタビの蔓。
外皮を剥いたら4つに割って芯を取り除き
平らになるまで刃物で引く作業。
ザルを編み始めるまでの下ごしらえに7割といわれる。

c0323384_09345400.jpg


カーテンを開けても弱い光しか届かない。
仕事部屋はストーブをつけて30分たっても息が白くて
足も冷たくなってきたのでちょっと休憩。

ゆっくり 楽しんでいきましょう。
春まで時間はたっぷりあるのだから。





[PR]
by kotoko_s | 2017-12-12 09:41 | 作る | Comments(10)

マフラー

c0323384_07422285.jpg


マフラーを編んだ。

帰省した折に母からもらった、伯母の「編み針セット」に触発された。
もうずいぶん前に、これも伯母からもらった毛糸もある。

編み物をするのは30数年ぶり。うまくできたためしがないので苦手だった。
かぎ針で編み始めたがなんとなくピンとこない。
ほどこうとしたらモヘアの長い毛足がからんで進退窮まった。
そもそも、初心者がモヘアって生意気である。

棒針でやり直す。
はて。どう始めるんだったっけ。
そうだ、こういう時のために動画があるはず、と検索したら、あった。
作り目からゆっくり教えてくれる。これはいい。
ガーター編みにする。
ガタガタ編み、といったほうがいい腕前だが、慣れてくるとすいすい行く。
はたと気づいた。毛糸の玉は2つ。これじゃ長さが足りないんじゃない?

半分ほど編んだのだが。えいやっとほどく。
今度はかぎ針のときと違ってするするほどけてほっとする。
巾を少し狭くして編みなおす。行き当たりバッタリである。
2回やり直したので、手が慣れて少し編み目も揃ってきた。
揃ってなくても色の混ざった毛糸だからほとんどわからない。
この毛糸、イタリア製である。
よい素材は腕のなさをカバーしてくれるんだなあ。
仕上げの糸始末の仕方も動画を見る。
動画ってすばらしい。私にもできたじゃないか。


c0323384_07423970.jpg


完成!嬉しい!
若干、短めだが、雰囲気は作りたかったイメージ通りにできた。
何より、とても楽しかった。
伯母から母、そして私へとたどり着いた材料や道具を生かして
かたちとなったことが嬉しい。


               *


かぎ針で編んだ部分はほどくのはあきらめて、ちっちゃなクマの服にした。


c0323384_07430788.jpg


[PR]
by kotoko_s | 2017-12-05 07:50 | 作る | Comments(12)

四年ぶりの裂き織


新しい機で初めての布を織りました。

秋の野山のイメージ。

c0323384_14253442.jpg

室内ではこれ以上は色が出ないのが残念。
もうちょっとはっきりした色合いです。



c0323384_14255731.jpg


先日、山で見つけたススキ。
使ったのは穂ではなく、茎でした。
赤や紫が入って珍しかったので、裂き布の間に入れてみた。
いずれは褪める色でしょうけれど。


c0323384_14341240.jpg




c0323384_14261451.jpg



わが家のぼろさ加減がわかってしまいますが
撮影できる場所がここしかありませんでした。
日本家屋は壁が少ないのが残念です。
左の藍色の布は、4年前に織った裂き織。


実は、大きなものを作るつもりが
糸の計算を間違えたので仕方なく予定変更したのです。
これが正解でした。
タテ糸は在庫を減らすために使った太めの麻糸。
すべるのでタテ糸向きではないことがわかりました。
この機の性格もすこしわかりました。
新しい機はこれまでのものよりさらに軽くて小ぶり。心もとない感じです。
この機に合った織りを考えようと思います。

お世辞にも素晴らしいとはいえない出来となりましたが。
それでもなかなかに可愛らしい。
織っていて楽しかったことが何よりの収穫です。





[PR]
by kotoko_s | 2017-11-03 15:08 | 作る | Comments(14)

いい人。


c0323384_20260880.jpg


絵日記のブログで「障子に絵を描いた」と書いたら
それはどんなものかと興味をもってくださった方々がいて
うれしくなってしまいましたが。
正しくは「絵を描いた障子がはまっている」のであって、『新作』ではない。

それは上のようなものです。
描いてからもう6年、ずいぶん色褪せました。
今回、改めて写真に撮ってみて
これを機に色を新たに重ねてみようかな、と思いました。


c0323384_20321477.jpg



思いつくままに描いた野原の上に
トーチャンが「あそべ あそべ 楽しくあそべ」と書いてくれました。
それを眺めていたら、なんだかこのところもやもやしていたことが
大丈夫になったような気がしました。


「いいお嫁さんって言われたいからやってるんでしょ」とか
「いい人やめればいい」とか
愉快じゃない言われ方をしたことが
もやもやのきっかけであった。
「いい人」というのは元来、褒め言葉であろう。
だがそういう言い方が決して私を褒めてないことぐらいわかります。

結婚するときに何度も言われた、先輩の女性の言葉を思い出します。
「ハルちゃん、ゼッタイにがんばっちゃダメだよ」
なんでですか。
「あんたはやりすぎる」
「一度やりすぎたら、次からはそれがあたりまえになっちゃうんだから」
わたし、そんなにやってないですよぅ。
「やってる!わかるの、私と似てるからさあ」


あれから20年。
どうやら私はやりすぎてしまったらしい。
でもそれは「いい嫁」「いい人」と言われたいからではなく
(言われたら嬉しかった、というのは正直ありますが)
それしかやり方を知らなかった、ということなのです。

それでどんどん行ければ悩むこともないわけですが
やはり、私は無理をしていたらしい。
愚痴をうっかりこぼしたら、先の
「いい人って言われたいからでしょ」が返ってきたわけです。


*


こういうことを言われるのは初めてじゃないけれど
今回はなぜかひどく落ち込んでしまいました。
こんなにがんばっているのに
なぜこんな優しくない言い方されなきゃいけないんだろう。

しかし、しばらくして「ハッ!」と気づきました。

がんばっている、ってのがまちがってるんじゃ?!

彼女の言う通りでした。
私が相手のためと思ってしたことは
実は相手のためではなかった。
私が「今度だけ」「今年だけ」「しばらくの間だけ」と思いつつ
黙ってそれらをやっていたことで
相手は私がまさか無理しているとは思いもよらなかったのだ。

最初から「できません」「実はやりたくない」「半分ならしましょう」など
ホンネを伝えていれば。
相手は怒るかもしれないけれど
私の正直な気持がわかったはずなのです。

私は相手のためにしていたわけではなかったのでした。
「できません」と言えない自分の弱さ。
やっぱり私は「いい人」と言われたかっただけなんだな。
喧嘩が嫌いで、ひとが感情的になる場を避けたくて
自分が我慢してすむことならいくらでも我慢すると思ってきた
あのちいさな私がまだここにいたんだな。
我慢しているから、時々爆発しちゃうんだな。

若い友人の率直な言葉に、初めて感謝することができました。






c0323384_20435171.jpg



さて、今日はそんなこんなで気分が晴れました。
空も明るい、光に満ちた朝。
「お天気やさん」とはよく言ったものです。

古着の処分をしました。
処分といっても、できることなら再利用したい。
織物のヨコ糸を作ります。



綿100パーセントのボーダーカットソー。
胴体部分を二つにたたみ、たたんだ輪のほうからはさみを入れます。
上は少し残して。
c0323384_21194552.jpg


開くと、上下がつながった状態になっています。
端から2本ずつ、つながっていくように切り離していく。
c0323384_21224983.jpg


指で引っ張っていくと
生地が内側にくるんと丸まって、丸い紐状になります。
c0323384_21242650.jpg



タテ糸に織り込んでコースターや小物入れに。

c0323384_21264318.jpg


機(はた)がなくても、ダンボールを簡易織り機にして
小さな楽しいものが作れます。

c0323384_21285304.jpg


くよくよしやすくてイヤになっちゃうことも多々ありますが。

「あそべ あそべ 楽しくあそべ」

これ以上「いい人」にならないよう気をつけて(笑)
こころはいつも
自由でいられることを忘れずに。







[PR]
by kotoko_s | 2017-10-24 22:17 | 作る | Comments(16)

はぎれでつくる

c0323384_14591180.jpg


なにか作りたくなった。
本当は裂き織をしたい気分なのだが、機(はた)がない。
いつでもできるよう布を裂いておこうかとも思ったが
どうもそういうのとも違う。
カタチになるものが作りたかった。

暮しの手帖 88(2017.6-7月号)に「ハギレを手縫いで」という記事があったのを思い出し作ってみることにした。
しかしいつも思うことだが、暮しの手帖の「ものづくり」頁は不親切だ。
ある程度やったことのある人なら「あのことか」とわかるかもしれないが
まったくの初心者には言葉の意味すら不明である。
私はある号に載っていたレース糸のアクセサリーをついに編み始めることもできなかった。
私の理解力のなさは認めるが、「はじめての人はこれ」というのでさえ無理だったとは。

今回は私でも作れた。
でも、私が編集者だったらやっぱりもっと親切に解説するなあ。


c0323384_14593902.jpg

土台となる布を探したらちょうどいいのがあった。
夫の着古したブルーの麻のシャツ。
しっかりした生地で、背中の部分がたっぷり使えるので切っておいたものだ。
そこにハギレをのせていく。
私のワンピース、義母の野良着など古い布に、会津木綿も少し。
色を選ぶのはいつも楽しい。


c0323384_15000117.jpg

下になる布から土台にちくちく縫い付けていく。
糸はたまたまあった刺繍糸。布ごとに色を変えてみる。


c0323384_15003153.jpg

仕上がり40×60センチ。棚に掛けてみたらちょうど目隠しになった。



なんということもないテワッサ(会津言葉で「手遊び」に近い手仕事)だが。
久しぶりに肩の力が抜けておおいに楽しんだ。




[PR]
by kotoko_s | 2017-09-11 16:30 | 作る | Comments(20)

子どもと。


地元の子どもたちとダンボール織を楽しみました。

小学校1年と2年、今年は総勢10名。

3年前からお手伝いしています。


c0323384_23180118.jpg

織り機はダンボールと割箸。

2回の教室を終えたら、子どもたちにプレゼントします。


c0323384_23185504.jpg

女の子たちはおしゃべりしながら。


c0323384_23193698.jpg

2年生の男の子の作品


c0323384_23200388.jpg

2年生の女の子作


c0323384_23375619.jpg

初めての1年生



c0323384_23204179.jpg




c0323384_23373456.jpg


子どもたちと過ごす時間は本当に楽しい。

世界にたったひとつの作品がたくさんできました。

今年も一緒にできて幸せだったよ。

ちょっと感傷的な気分になっている私を残して

あっというまに帰っていった子どもたち。

ふりかえらない、ってすばらしいねえ。

ありがとう。

来年も会えますように。




[PR]
by kotoko_s | 2017-09-07 23:52 | 作る | Comments(10)

奥会津に暮らす


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28