2017年 02月 28日 ( 1 )

c0323384_14530478.jpg



c0323384_14493400.jpg




c0323384_14535194.jpg




c0323384_14540993.jpg



c0323384_14554795.jpg




2月最後の日は輝くような青空が広がった。
朝、義母の薬をとりに山を下りる。
玄関から表までの雪道もすっかり固く締まったから、長靴はやめて普通の靴を履く。
足首のあたりがちょっとすうすうするけれど、軽い、軽い!
雪を渡ってくる風の鋭さ、頬を刺す冷気。
それでもこの明るい空!まぶしい光。
なんという恵みだろう。

2階の窓を開け、洗濯物を干す。
カタユキの上を縦横無尽に走るケモノたちの足跡。
遠くで除雪機の音が響く。

午後、いつものように仕事を始めるが、部屋一杯に差し込む光にそわそわする。
とてもじゃないが、こんな素敵な日にパソコンなんかにつきあっていられますか。
袋とカメラを持って出かける。
1週間前に見かけ、そのあとまた雪に埋れたふきのとうを摘みに。
毎年この時期になると最初に歩いてくるのがこの場所。
雪どけ水でぬかるんだ黒々とした土の中に、鮮やかな黄緑色がいくつも出ていた。
道の脇の雪はまだ胸の辺りまである。この重い雪の下でよくぞ生きていたものと思う。
満身創痍といった感じで頭をもたげた春一番の恵みは、今夜の分だけ摘む。
義母の好きな天ぷらでいただきます。

考えてみれば、本格的な冬は根雪になる12月から約3ヶ月なのだ。
その時間を超えれば、必ず冬は終る。
どんなに暗く厳しい季節にもきっと終りがくるのだ。
この冬も長かった。
行きたくとも行けない場所。
会いたくとも会えない人。
信じることと耐えることと。
冬は祈りに似ている。

約束を違えずに訪れた今年の春の光に、なんだか泣きそうになった。
ありがとう、ありがとう。
みんながんばってきたんだね。





[PR]
by kotoko_s | 2017-02-28 16:11 | ある日 | Comments(15)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31