はぎれでつくる

c0323384_14591180.jpg


なにか作りたくなった。
本当は裂き織をしたい気分なのだが、機(はた)がない。
いつでもできるよう布を裂いておこうかとも思ったが
どうもそういうのとも違う。
カタチになるものが作りたかった。

暮しの手帖 88(2017.6-7月号)に「ハギレを手縫いで」という記事があったのを思い出し作ってみることにした。
しかしいつも思うことだが、暮しの手帖の「ものづくり」頁は不親切だ。
ある程度やったことのある人なら「あのことか」とわかるかもしれないが
まったくの初心者には言葉の意味すら不明である。
私はある号に載っていたレース糸のアクセサリーをついに編み始めることもできなかった。
私の理解力のなさは認めるが、「はじめての人はこれ」というのでさえ無理だったとは。

今回は私でも作れた。
でも、私が編集者だったらやっぱりもっと親切に解説するなあ。


c0323384_14593902.jpg

土台となる布を探したらちょうどいいのがあった。
夫の着古したブルーの麻のシャツ。
しっかりした生地で、背中の部分がたっぷり使えるので切っておいたものだ。
そこにハギレをのせていく。
私のワンピース、義母の野良着など古い布に、会津木綿も少し。
色を選ぶのはいつも楽しい。


c0323384_15000117.jpg

下になる布から土台にちくちく縫い付けていく。
糸はたまたまあった刺繍糸。布ごとに色を変えてみる。


c0323384_15003153.jpg

仕上がり40×60センチ。棚に掛けてみたらちょうど目隠しになった。



なんということもないテワッサ(会津言葉で「手遊び」に近い手仕事)だが。
久しぶりに肩の力が抜けておおいに楽しんだ。




[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-11 17:35
すてきすてき!!
手仕事はいいですね。
楽しいです(^^。
Commented by fusk-en25 at 2017-09-11 20:42
横の写真の方が好き。。って勝手なことを言ってますね。

初心者向けの縫い物の本(ドレメが出している「こんなことを知りたい」を持っています。
1990年の出版で20年ぐらい前にパリの古本屋で見つけました。
縫い物も家事一般も全部独学だから。こんな本を見たり。昔の服装雑誌(40年も前の)
縫い方の切り抜きなんかをスクラップしていて。
それと首っ引きでやりますが。
レースの編み方でも本ではどうしても判らないことはいくつもあって。
プロなら真っ直ぐに編めるのが歪んだりして。。
でもそう言う時には目をつぶってごまかしてしまいます。

そうそう古い服や着物を解いていると思いがけない発見もあって。
ああこんな風に縫えばいいのかと教わることもあります。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-09-11 21:33
こんばんは。
いいのができましたね。

この記事知っています。
相変わらずいつもの立ち読みで読みました。

〉しかしいつも思うことだが、暮しの手帖の「ものづくり」頁は不親切だ。
経験ありです。
お礼にと思ってかぎ針でショールにもひざ掛けにもなるものを編んだ
のですが、説明されているパターンのつなぎ方が難しく、説明不足で
完成するまで何度も何度も解いては編み直しました。
また、お菓子の作り方や料理も説明不足が多いですね。
なぜだろう?
多分、編集者がかなりできる人なのではないでしょうか?
だから全くの初心者の状態がよくわからないかも。

ただセーターやマフラー、毛糸の帽子の説明はわかりやすくて、
重宝しましたよ。
アラン模様の模様も好きだし、セーターのデザインも好きなので
(私には)永久保存版です。♪
(しかし、これもアラン模様の編み方の知識が全くない人だったら
難しいかもしれない)
Commented by saheizi-inokori at 2017-09-11 23:36
昨日だったかほかのブログで『暮しの手帖』の料理の作り方が合理的じゃないとありました。
あの精神は亡くなったようですね。
Commented by kotoko_s at 2017-09-12 08:41
☆そらいろさん
ありがとうございます。
手仕事はほんとうに楽しいですね。
自分で好きにやる、っていうのがいいのかな^^
Commented by kotoko_s at 2017-09-12 08:58
☆fuskさん
>横の写真の方が好き

正解です(笑) 
これ、最初は何かの上に掛けるか、下に敷くものを想定してデザインしたんですよ。
だから横向きに見たほうがおさまりがいいでしょうね。
たまたま棚に掛けたら殺風景な部屋のコーナーが楽しくなったのでしばらくはこうしておこうかと。

私は裁縫も料理も苦手な分野で、結婚してなんとかやっているとはいえ、今も好きかと聞かれればNo,です。
でも、好きな色合い、姿かたちというものがあって、それを表現したくてこういうものを作っているところがありますね。

編み物は学生のころ少し、見よう見まねでやりましたが、あの製図を見ただけで頭が痛くなってしまって。
fuskさんの手仕事を拝見していると、心に描いたものが指先からそのまま生まれ出てくるようで、素晴らしいなあと思います。

裂き織用に古い着物などをほどいていると、こんなふうに縫われていたのかと初めて知ることも多いです。
ツギの当て方ひとつでも、とてもていねいで丈夫で。美しいなと思います。
Commented by オリオリ at 2017-09-12 10:05 x
手仕事は無心になれるから大好き。
私は縫物は苦手で編み物は大好き。特にレース編みは最後につじつまが合うところに達成感を見出してますw
さて、私は子供のころピアノを芸大卒の先生のお宅に伺って、習っていましたが、ちっともうまくできませんでした。
きっと芸大を出るくらいの技量の型は持って生まれた素質があってあまり躓かずその道を極めて行ったのでしょう。
そこを辞めて普通のピアノ教室の先生は大学はお聞きしなかったけれど多分苦労して先生になった方。うまくできないところの対処法をこうしてみるといいのよ。
私もなかなかできなかったのよと教えてくれました。
何事も出来ない人の気持ちに沿う編集がありがたいですね。
Commented by kotoko_s at 2017-09-12 11:36
☆PochiPochiさん
こんにちは。ありがとうございます。
暮しの手帖のこの記事、ご存知でしたか。
私もいつも立ち読みなのですが、たまにこうして作ってみたいものが出ていると買うこともあります。

>多分、編集者がかなりできる人なのではないでしょうか?
だから全くの初心者の状態がよくわからないかも。

そうかもしれませんね。
だとしたら編集者失格だと私は思うんですよ。
専門家に取材したら、それを読者が再現できるようわかりやすい言葉にするのが編集者の仕事ではないかなあと。
料理や手芸の専門誌ではないから誌面の都合もあるのでしょうが。

暮しの手帖で紹介されるもののセンスが結構好きで、特に編み物は私も憧れました。 素敵ですよね。
でも、まったくの初心者の私には無理だなあと尻ごみしてしまいます^^;
Commented by kotoko_s at 2017-09-12 13:00
☆佐平次さん
花森安治は、その説明を読んだだけで誰もが作れなければいけない、ということを、記事を書く編集者に徹底して伝えていたと聞きます。
その後、心地よい上等な暮し、みたいなことばかり言うようになった暮しの手帖に魅力を感じなくなりました。
今はまた編集長が変わって、今後どうなっていくのかなと思いますが。
Commented by kotoko_s at 2017-09-12 13:22
☆オリオリさん
手仕事は無心になれていいものですよね。
それに、作ったものを誰かが喜んで使ってくれたら、嬉しいですね!

ピアノの先生のおはなし、わかりますねえ。
「私もなかなかできなかったのよ」と言いながら教えていただけたら、とても励まされるだろうなと思います。
優秀な選手がよい監督になれるわけではない、とよく言われますが、つまずいたり失敗したりの経験が、人に伝えるときの力になってくれるのでしょうね。
Commented by green-field-souko at 2017-09-13 03:17
こんばんは。
あちらのイラストも素敵で、こちらの本物はなお素敵♪
不器用で根気のないわたしには、憧れに尽きるチクチクの世界です。
でも、いつかゆっくり時間がとれるようになったら、
刺子のふきん、背守りをやってみたいな~(大作は無理!)

↑コメントを拝読して、思い出すことがあります。
「わたしはプレーヤータイプなので(監督を)やめさせてください」
あまりにもつらく不本意な役目をおろしてもらいたくて
申し出たところ、
「監督はみんな、かつて選手だったんです」
と却下されたのでした。
巧い言い方するなあ。さては前もって用意してたな(笑)
おかげで今も現場の度につまづき、転び、すり傷だらけです(泣)
Commented by maco at 2017-09-13 03:44 x
とっても素敵です!
あるもので作るところがさらに良いですね。
思いつくままに自由に並んだハギレは、
眺めているだけで、わくわくしました。
下の子供達とのカード織りの記事も、私も混ざりたい!と思いました。
Commented by kotoko_s at 2017-09-14 20:10
☆草子さん
こんばんは。
ありがとうございます^^
草子さん、不器用ですか?!イエイエ、そんなことはないはず。
刺し子のふきん、背守り、ぜひ作ってくださいね!
刺し子は私も憧れます。
お茶のお盆の上に、刺し子のふきんをふわっとかけたりしたいです。

草子さんはいい監督でしょうねえ。
かつてつまづいたり転んだり、すり傷だらけの選手は、きっと起き上がる力もすごいだろうなと。
そう思っています♪
Commented by kotoko_s at 2017-09-14 20:21
☆macoさん
ありがとうございます!
自由に絵を描くように、好きな感じに作って楽しかったです。
作品のために材料を買うのではなく、あるものを工夫して生かすことに喜びを感じます。
あまり時間をかけず手軽に出来たので、また何かちくちくしたくなってきました^^

子どもと一緒にものづくりを楽しむのは最高の時間でした。
このダンボールを使った簡単な織物は年配の方とやったこともありますが、どこでも喜ばれるんですよ。
Commented by Yozakura at 2017-09-17 07:59 x
野ウサギ様
 お早う御座います。この端切れで作った「目隠し布」ですが、素晴らしい出来栄えですね。手許にある素材を適当に組み合わせただけなのかも知れませんが、全体の構成に「絵心」を感じます。その昔。美術史の教科書に掲載されていた「モンドリアンの抽象画----コンポジション」を思い出しました。
 今後とも、生活を楽しんで下さい。お元気で。
Commented by kotoko_s at 2017-09-17 19:36
☆Yozakuraさん
こんばんは。
ありがとうございます、褒めすぎですが^^
モンドリアンのコンポジション、懐かしいですね。
手許にある材料の中から、色やかたちを選びながら組み合わせていくのはとても楽しい作業でした。
自分で作ったものを暮しの中で生かせるのが嬉しいです。
また何か作ってみようと思います♪
Commented by nemuco0108 at 2017-09-25 23:31
nemucoと申します。
とてもとても素敵ですね♪
手仕事、とても温かいです。
Commented by kotoko_s at 2017-09-26 15:02
☆nemucoさん
こんにちは、ようこそお越しくださいました。

ありがとうございます!
拙いものでも、自分で作ったものは愛着が湧きますね♪
Commented by hanamomo08 at 2017-09-29 22:45
おばんです。
手のぬくもりが最高ですね。
端切れを自由に繋いでいくって楽しいでしょうね。
私には出来ないから、すごいな~と感心して拝見しました。
ご主人作の葡萄の蔓のかごがいい色合いと形ですね。
私のイタヤの籠は夏限定のような感じだけどkotokoさんの
この籠は真冬以外は持てますね。
末永く使ってください。いい物を見せてもらいありがとう。
Commented by kotoko_s at 2017-09-30 22:47
☆momoさん
おばんです。
いえいえ、感心していただけるような出来ではないんですよ^^
でも、家の中に手作りのものがあるとなんとなく嬉しいものですね。

夫作の葡萄蔓のかご、よくぞお目にとめてくださいました!
覚えていてくださったのですね、嬉しいなあ。
イタヤは繊細さがありますね。色合いも夏向きでしょうか。
夫が編んだこのかご、実はゴミかごに入れるナイロン袋が入ってるんですよ。
もったいない使い方ですが、私が普段使うのはもっぱら軽いナイロンの斜め掛けバッグばかりで。
本当は持ち歩いて愛用して初めて真価を発揮するかごですよね。
来年はもう少し使ってあげたいと思います。
ご覧くださってありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2017-09-11 16:30 | 作る | Comments(20)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30