遠くへ

今年5月に帰省したときの父母の庭  
父と母がこの土地に初めての家を構えたときに
植えた石楠花(シャクナゲ)も大きくなりました。

わが家はずっと、借家を転々としてきたのです。
この家を建てたとき、母は50歳。車の免許をとりました。



c0323384_00034523.jpg



木の足元を埋めるツルハナシノブ


c0323384_00025108.jpg



ツツジもきれいだったね。
薔薇はこれからだった。
母は「こんな山の中に、薔薇なんて」と言っていましたが。
父は、どうしても薔薇を植えたかったのです。
たぶん、生家の庭が忘れられなかったのだと思う。

ブルーベリーも今頃、実をつけたかな。
鳥が食べに来てるかな。

父も母も、草花や木や、野鳥が大好き。
私もその好みを受け継ぎました。
子どもたちの中で「おまえさんだけだったなあ」と言われる。
私の誇りです。



c0323384_00023717.jpg



遠方にふたりで暮らす両親がいよいよ
老いの道を駆け足で進んでいます。
私たち子どもは。
よかれと思ってしたことを叱られたり、泣かれたり。
たまに笑顔をもらったりしながら
毎日、電話やメールで情報交換する。
格別仲がよかったわけでもないきょうだいが、このごろは
父と母のことばかり話すようになりました。

飛んでいけるものは飛んでいく。
行けないものは、こうして。
日に何度もかかってくる母の電話を受けられる幸せを感じています。


お父さん、お母さん。
おかげさまで私たちは幸せです。
なんにもできない・・・・・・けれど。
こうして今、このときを
かけがえのない時、と大切にできることを
教えてくださってありがとう。





[PR]
Commented by fusk-en25 at 2017-07-15 02:55
なんとも素朴な庭に。。
素朴に花が咲いている。。

子供の頃は野の花どころか庭の花にも全く興味がなくて。。
祖母が丹精込めていた庭木も草花にも、
「おばーちゃんは好きでやってるだけ」と手伝ってもやらず。
高校時代など「園芸部イコールダサい」と思っていた。
それがいつしか種を蒔き、挿し木を育て
植えた花を摘んではいけるのが、至福の時間になりました。
Commented by hanamomo08 at 2017-07-15 05:51
おはようございます。
信州の素敵なお庭を見せてくださってありがとう♪

そうか、kotokoさんはいつもこのお庭に帰っているんだと思いを新たにしました。
ご兄弟がたくさんでいつもうらやましいと思っています。
今は同じ方を向いて全力で協力し合っている、これもお父様お母様がくれた大切な贈り物ですね。
お父様が植えた薔薇もいつか見せてください。
私もさっき薔薇を飾りました。
庭の花が飾れる幸せを噛み締めています。
今日もいい一日を!
Commented by pallet-sorairo at 2017-07-15 08:44
ここが庭?と思うような素敵なお庭。
先日出かけた甲武信ヶ岳の山の中のようです。

>子どもたちの中で「おまえさんだけだったなあ」と言われる。
>私の誇りです。
kotokoさんがいかにご両親を尊敬されているかがわかって
羨ましいような気がします。
Commented by saheizi-inokori at 2017-07-15 09:11
八ヶ岳を思い出しました。
>おかげさまで私たちは幸せです。
それが最高の親孝行です。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-07-15 11:03
正直な話、自分と重ね合わせて、考えてしまいました…
でも、↑saheiziさんが言ってられるとおりだと思います。
親にとって子どもの幸せこそ最高の親孝行だと。

ご両親が、この庭に、この家に、この地に、そして子供達に
どれほど心を傾け毎日を過ごしてこられたか、ここでどんなに
豊かな時間を過ごされたかを考えたたとき、行ける時は行き、
行けない時は電話で話をする。
それでいいのじゃないかなぁと思いました。

ただ母と娘という観点からひと言。
母が最後の頃、事情があってなかなか母のところに行って
あげられなかった。その時従姉妹に話したひと言・「娘を自分の
そばに置いておきたかった」は、今でも心の奥底にひかかっています。
自分から望んで遠くにやったけれど、最後には自分のそばにいて
もらいたかったという母親の気持ち。
複雑ですが、そういうことなんだろう、自分もあと10年余りしたら
こういう気持ちになるのかもしれないと思いました。
できうる限りお母さんと電話でお話を。

お父さんとお母さんが心を込めて造られた庭を見せていただいて
ありがとうございました。
ここで過ごされたお二人の豊かな時間を感じました。
Commented by kotoko_s at 2017-07-16 22:25
☆fuskさん
庭というにはあまりに自然すぎるのですが、この雰囲気が気に入っています。
そうなんですか、fuskさんは少女の頃から植物を育てるのがお好きかと思っておりました。
でもきっと、植物好きなおばあさまの影響はあったのではないでしょうか。
私は父母もそうですが、祖母の花好き遺伝子も確実にもらっているなあ、と。
幸せに思います。
Commented by kotoko_s at 2017-07-16 22:35
☆momoさん
こんばんは。
実は現在、この庭のある家に両親は住んでいないのです。
ちょっと離れたところに、ご近所の方々と一つ屋根の下に暮らしています。
おかげさまで皆さんに助けられて、老親だけでなんとか暮らしてこられました。
この庭の管理も、もう父母には無理になりました。
この世にあるものはひとつとして変わらぬものはないですね。
その断片でも留めておきたくて、行くたびに写真におさめています。
今日一日の無事に感謝しています。
Commented by kotoko_s at 2017-07-16 22:45
☆そらいろさん
私もこの庭が好きで、いつかこの家に暮らして庭仕事を父から引き継ぎたいと夢みたこともありました。
甲武信ヶ岳、素敵な山のようですね。
またご紹介くださいね。

父とも母とも、色々ありました。私はそんなにいい娘ではなかったですから。
でも、一気に老いの道をゆくふたりを見ながら、よいことばかり思い出すのはどうしてでしょう。
Commented by kotoko_s at 2017-07-16 22:49
☆佐平次さん
佐平次さんのお訪ねになる八ヶ岳の風景、清々しく素敵ですね。
私たちが子どもの頃、家族でしょっちゅう山登りに行きました。
忙しくてほとんど家にいた記憶のない父が、思っていたよりずっと子どものために時間をつくっていたことに、今頃気づくのです。
せめてきょうだい仲良く、親に安心してもらいたいです。
Commented by kotoko_s at 2017-07-16 23:04
☆ PochiPochiさん
私は12歳で親元を離れました。
好きなことをさせてもらった有り難さと共に、でも、もうちょっと長い時間、母と一緒にいたかったな、と今は思います。
老いた親と共に過ごせないのは仕方のないことですが、もう少し近くにいたら日帰りでも飛んでいけるのに、と思います。
でも毎日、電話で母の声を聞けることは私にとって何よりの恵みです。
自分ではどうしようもないことを、大きな存在にゆだねて、父母の安らかな幸せを祈りつつ、毎日を大事に生きたいと思っています。
Commented by jarippe at 2017-07-17 05:47
おはようございます
拝見していて自分の母親の介護に通っていた時の事が甦り胸がいっぱいになりました
素敵なお庭 ご両親様の優しさや思いが詰まっていますね
私の場合も兄弟とは一人暮らしの母の介護がきっかけで連絡を取り合うようになりました
毎日夕方電話をするのが日課になり母もそれを待っていてくれました
いろんなことがずるずると思い出されます・・・・・・
今振り返って見ると 母と子供の我々兄弟と離れていても気持ちは近くなっていたように思います
大変だったけれどあの時期があって今があると思っています
自分が母の立場に近くなりつつある今一日一日平穏に暮らしていたいと思っています
ハルさんの健康で幸せを感じておられる事がご両親様の一番うれしいことですね
Commented by kotoko_s at 2017-07-18 19:24
☆ jarippeさん
こんにちは。
夫の両親と暮らし、義父を見送りましたが、自分の親というものは特別な存在なのだと改めて思います。
早くに親元を離れたためか、かえって親離れ、子離れのヘタな母娘でした。
いろいろなことがありましたが、今は両親にしてもらったこと、ささやかな一緒の時間など、あたたかな思い出ばかりよみがえります。
遠方に嫁ぐとはこういうことなんだな、と、なかなか思うように動けないことを残念に寂しく思ったりもしますが、わずかな時間でもなんとか会いに行くつもりです。
明日からちょっと里帰りして、元気な顔を見せたいと思います。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2017-07-15 00:04 | ある日 | Comments(12)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31