桑の思い出

c0323384_23543252.jpg


桑の実が黒く熟す季節になると
こんなところに桑の木があったのかと、初めてその存在を知る。
桑の葉を見ると思い出すことがある。
小学校1年のとき、同じ組の女の子の家に、時々遊びに行った。
特別に仲がいいというわけではなかったが
その子は私に優しくしてくれた。

引っ越してきたとき、近所を歩いていたらいきなり石が飛んできた。
振り向くと草むらの中に男の子が立っていて、「ばーか」と言った。
私は都会からやってきた異邦人で、見知らぬ子はそういう洗礼を受けるものだと知った。
学校にも馴染めなかった。
山の中を歩いていく長い長い帰り道には
きまって洟垂れ小僧が待ち伏せしていてうんざりした。

同じ組の女の子は(名前も忘れてしまったが)優しかった。
無口で、あんまり笑うこともなかったが。
いつものように男の子たちにかまわれたあとの私を
その日もそっと待っていて、一緒に帰ってくれた。
その子の家は大きな農家だった。

「おかいこさんがいるから」と言った、「だから入れないの」。
家の門をくぐったところの敷居の前に並んで座った。
今は家中、お蚕さんなの。
だから、人は狭いところでそうっとしているのだと言った。
ちょっとだけ、見る?と言われたが、家には入らなかった。
そこらじゅうから、「さわさわさわさわ」と
静かな雨の降るような音が聞こえた。
蚕が桑の葉を食べているのだと、教えてくれた。

しばらくすると、奥からその子のお母さんが
おむすびを持ってきてくれた。
大きな、まっ白なおむすび。
何か入っているかと思いながら食べたが、何も入っていなかった。
私は、何も入っていない塩むすびを、そのとき初めて食べた。

母の握ってくれるおむすびには梅漬けが入っていた。
正確にいうと、カリカリの梅漬けを細かく刻んで、ごはんに混ぜて握ったものだ。
桜の花びらが散ったようにきれいなその小さなおむすびを
「桜のおむすび」と私は呼んでいた。

大人になって家族におむすびを握るたびに
あのまっ白な、何も入っていない大きな塩むすびと
母の小さな桜のおむすびを思い出す。
どちらも、大事なわたしの思い出。


c0323384_22462841.jpg


歩いて帰る道すがら、まっ黒に熟れた桑の実を頬張った。

幸せな、信州の思い出です。




[PR]
Commented by jarippe at 2017-06-22 06:19
お蚕様 家中に棚を作ってお蚕様々でしたね
ミシミシ桑を食べる音がしていたような
かすかな記憶 時の移り変わりを感じますね
桑の実 手も口も来ているものまで真っ赤にして
欲で食べていました
Commented by poirier_AAA at 2017-06-22 06:22
情景はだいぶ違うのですが、ここに書かれているもの全部、桑の葉もお蚕さんのさわさわした音も、塩むすびも梅のおむすびも、なぜかわたしの思い出の中にあるのです。

なにか、子ども時代の宝物の箱を何十年かぶりに開けたような気分になりました。
Commented by saheizi-inokori at 2017-06-22 08:23
わあ、私の思い出とかぶるなあ。
母は残りごはんに梅漬けの刻んだのをまぶしてバットに入れておきました。冷蔵庫のない時代の腐敗対策。
学校から帰るとそこに手を突っ込んで自分でムスビを作っておやつ代わりにしました。
水道がないので汲み置きのバケツの水で手を洗って入るのですが、濡らしただけみたいなものだから、バットのご飯に黒く指の跡がつきました。
Commented by kotoko_s at 2017-06-22 09:54
☆ jarippeさん
毎年、まっ黒に熟した桑の実を見ると、つい手を伸ばしてもいで口に運んでしまいます。
子どもの頃、道草したでしょ、と母に言われて、しないよ、と言っても、口も手も服の胸元なんかも赤紫に染めて帰るのですから、ウソはすぐバレましたね^^
そうそう、子どもは道草するのが当たり前でしたね。今とは違って、長閑な時代でしたね。

安曇野に天蚕センターがありますね。あの美しい緑色の繭のことも思い出しました。
Commented by kotoko_s at 2017-06-22 10:01
☆梨の木さん
そうでしたか、梨の木さんの思い出の中にもこんな風景があるのですね。
信州(と言いたいのですねえ、なぜか)に暮らした時期が子ども時代だったことが、記憶をいっそう鮮明にしているのだろうと思います。
あの優しかった女の子、洟垂れ小僧も今頃どうしているのやら。
開発されすっかり変わってしまったらしいあの土地に、行ってみる勇気が出ないんですよ。
Commented by kotoko_s at 2017-06-22 10:12
☆佐平次さん
わあ、佐平次さんのおうちにもあったんですね、梅漬けの刻んだのをまぶしたごはんが!
少年・佐平次君が、バタバタッと帰ってきて、バットのご飯に手をいれて握って頬張る姿が見えるようです。
私はあの土地には数年しか住めなかったのですが、信州でもっとも思い出の濃い場所なのです。
線路が近くて、寝ていると夜汽車の通る音が聞こえて。
庭に井戸があり、大人がギコギコ汲んでいた記憶があります。
お風呂がなかったので隣の大家さんにもらい風呂に行ったこと、しばらくすると遠くの団地に銭湯ができて、雪の中を母の後ろにくっついて歩いていったこと。。。
子どもの私は気楽なものでしたが、今になって、おとなたちの生活に真剣だった姿を思い出します。
Commented by fusk-en25 at 2017-06-23 07:33
大掛かりな蚕ではありませんが。小学校の頃の何年か毎年蚕を飼っていました。
今頃の季節になると
文房具屋に「蚕が来ました」と言う張り紙とともに桑の枝も売っていて。
張り紙を見ると大急ぎで家に帰って、お饅頭か何かの入っていたボール紙の箱を持って
文房具屋で蚕を何匹か(おそらく10匹ぐらい)入れてもらう。
毎日学校の帰りに桑の枝を買って来てやってました。
一度だけ祖母が繭を火鉢で煮て、するすると絹糸を引っ張り出してくれたこと。。
なんとも懐かしい思い出です。
Commented by kotoko_s at 2017-06-23 11:09
☆fuskさん
「蚕が来ました」いいなあ!桑の枝も一緒に売っていたんですね。
fuskさんも「虫愛ずる姫」だったのですね^^
中にはとてもとても、という子もいたでしょうね。
私も虫が好きでしたから、蚕から糸ができるまでの工程を知ったときはショックでしたが。
「お蚕さま」なんだなと子ども心に思ったものです。
おばあさまとの情景、目に浮ぶようです。火鉢というのがいいですねえ。
Commented by hokubuu at 2017-07-03 23:37 x
ご無沙汰しております。お変わりありませんでしょうか?
母が新潟に疎開していた頃の「お蚕さま」の話をよく聞きました。葉っぱを食べる「さわさわさわ」って音や、蚕をもらって桑の葉をあげて育てた話、楽しそうに話してた母も81歳にもなり横浜実家で元気に暮らしてます。私の方と言えば2年続けて春に咲く花たちを愛でるために飯豊山に行ってます。山の写真をメールで送ると母が昔登った磐梯山の話などの思い出話が混ざって返信されて来て、またそれが楽しみだったりします。「幸せな、信州の思い出」ありがとうございます。
Commented by kotoko_s at 2017-07-05 21:48
☆hokubuuさん
こんにちは!
おいでくださってありがとうございます。
お母様が新潟に疎開されていらしたのですか。
やはり「お蚕さま」と呼ばれていたのですね。お蚕さま、お蚕さん、親しみと感謝のこもったこの呼び方がいいなあと感じます。
会津でも、たいていの家の物置に今でも昔の大きな丸い「さんだわら」が残っていて、蚕を育てた話を聞くことができますね。
お母様は81歳でいらっしゃいますか。私の母は84歳になり、まだまだ元気でいてくれると思っていたら、最近は急に老いが加速して心配が増えました。
飯豊山の豊かな自然をお母様とメールで分かち合える、素晴らしいことですね。
私も帰省のたびにヘタな絵日記を見せては褒めてもらっています(笑)親とはありがたいものですね。

こちらこそ、お読みくださってとても嬉しかったです。ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2017-06-21 23:49 | ある日 | Comments(10)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30