変えられることは

裂き織りのマット
c0323384_10522692.jpg




昨日、私は爆発してしまった。
手仕事の材料がしまってある引き出しを見た途端、気持ちのストッパーが外れてしまった。
こんなもの、とっといて何になる!
引き出しを開けぎっしり詰まった材料を次々放り出した。
帰宅した夫が吃驚して「どうしたんだ」
どうしたんだか自分でもわからない。
ただただ涙が出る。怒りが込み上げるが、何に対して怒っているのかわからない。
すべての場所が空っぽになるまで、手を止めることができなかった。
小さな部屋の真ん中に(機のあった場所に)山と積み上がった布、布、糸……

義母の手縫いの野良着。
夫が生まれる前に使われていた継ぎ接ぎだらけの布団側。
袖口の裏にあしらわれた明るい山吹色や臙脂色の端切れ。
草木で染めたたくさんの糸の玉。
こんなもの、どころか、どれも愛おしい宝ものだった。
私は裂き織りがほんとうに好きだった。

あんなに大切にしてきたことやモノに対して、なぜこんな乱暴な気持ちになるのか。
古いものが、使われずにただただそこにあるだけの状態が嫌で堪らなくなったのだが。
イヤで堪らなくなったのは、実は自分に対してだ。
八つ当たりして、モノたちにすまなかった。
部屋一杯に散乱したものを目にしたとき、やっぱり捨てられない、と思った。
私は疲れているんだなと気づいた。

機(はた)を処分したことが思いのほかショックだったんだと思う。
自分で決めて自分で手を下したことにショックも何もないが、そうとしか言いようがない。
趣味というにもお粗末な、「手遊び」だったが。
機に座る時間がこんなにも大切なものになっていたのかと、失くしてみて初めて知った。
好きなことがほかにあっても、機織りはそういうものとは何か違った。
たとえそこに座ることができなくても。
機があることで私の場所が与えられていたのだと、今はわかる。

うまくいかないときというのは自分の中に理由があるのだ。
一度思い切って痛みを感じないと先へは行けない。
機が、身を以って教えてくれたんだと思う。
好きなことをあきらめるなよ。
やりたいことをやりなさいよ。


神さま
変えられるものを変える勇気と
変えられないものを受け容れる心の静けさと
そのふたつを見分ける賢さを与えてください 


O God, give us serenity to accept what cannot be changed, courage to change what should be changed, and wisdom to distinguish the one from the other.

この「ニーバーの祈り」を、大好きだった祖母が大切にしていた。
私に変えられるものがあるとしたら、それは自分の弱さだと思う。
自分にとって譲れないものは、しっかり表現しないと周りには伝わらない。

改めて機(はた)に、この機会を与えられたことに感謝します。
それから、爆発するたびにのんびりと「どうした」と言ってくれる夫にも。






[PR]
Commented by chene-eichel at 2017-03-31 15:41
今年は奥会津の冬が長すぎた、あわせて心配事が日記からも読み取れた。機織りが縁でこちらにいらして、何十年か後にブログを通してお知り合いになることが出来て、機織はハルさんにとってなくてはならないものなんですね。
 私は大好きなものに八つ当たりしたい気持ちすごくある。例えば猫の耳かんだりとか、ね。
 
私は日曜日から気分が変わりました。春分の日を過ぎ、夏時間にもなって、月のめぐりを境にして身体のリズムが上下しますね。
 
 さて。もう春が来たんですよ!これから庭・畑仕事して、荷物まとめて姉さんを元気付けに行こうかな。
Commented by fusk-en25 at 2017-03-31 18:19
爆発は「落ち込む」よりいい。
発散する。。そして目に見える。

時々。ゼロから物を考えたいと思うのですよ。。
ほどきものをしながら次の何かを考えている時。
自分の内から、ふつふつと湧き上がってくる思いを。。
ちょっとよそ見をしたらするりと抜けていく危うさも。。あってね。

5月半ばに今まで寝ていたロフトベットを下に降ろす計画を立てています。
歳とは思いたくない。でももしも、この歳で梯子から転げ落ちたら。。
ちょっと怖いでしょ。笑。
今、使っているベットを捨ててしまって新しく買うのは簡単なこと。
でも今あるものを使って改造したい。って。欲張りな気持ちやなあ。。って思うけど。やってみたい。笑。
Commented by saheizi-inokori at 2017-04-01 09:33
涙が出ました。
Commented by jarippe at 2017-04-01 13:18
kotokoさんの強い思いになにか揺さぶられ胸が熱くなりました
ブログ拝見していていつも素敵だなー 
芯があっていいなー  と思いましす
二―バの祈りの賢さが今kotokoさんの元にやってきていますね
ご主人様の優しいお気持ちとともに

〝自分の弱さ”これに私は辛い思いを沢山してきました
芯の強い人になりたいと何度も何度も祈りました
そんな自分なのに自分が可愛くて 時にはこれが私じゃんと
開き直ったりして・・・・・ 今では私なりの私でしかない
と自己満足させています・・・(´;ω;`)ウゥゥ
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-04-01 13:21
言葉が出ません…
文章を読んで、
似たような経験をした昔の自分を突然思い出していました。
冬が去り、陽の光とともに春がやってくる。
元気を出してください。
また機織ができる日がくると思います。
Commented by kotoko_s at 2017-04-01 20:44
☆chene-eichelさん
友人と話したのですが、育った土地の気候風土はメンタルに大きな影響を与えているよね、と。
厳しい自然環境に生きていると人間の力の限界を自ずと知るのですね。
雪はイヤだけど降るもんはしょうがない、必ず春が来るんだからと、どんと腹が据わっている。
私はやっぱり軟弱なんですねえ。

猫の耳を噛むんですか?^^
私も、好きなもの、安心できる相手だから甘えて八つ当たりするんだろうな。
布はニャンとも言いませんけれど^^
明日、畑まで行けたら、雪を掘ってアサツキを採れたらいいな。
元気が出ました、ありがとう!
Commented by kotoko_s at 2017-04-01 21:13
☆fuskさん
>爆発は「落ち込む」よりいい。
発散する。。そして目に見える。

ええ、そうですね。
この冬の長い落ち込みが、ついに爆発したんだと思います。
多分、思い切り発散したから、気持ちが落ち着いたのですね。
これは笑い話なのですが、知人の女性が「むしゃくしゃして皿のひとつも投げて粉々になったらどんなに気持ちいいかって思う。だけどこの雪だから、皿も割れない」って。
もう、この気持ちは本当によくわかる(笑)
何か古いものを破壊しないではいられないというときが、特に女性にはあるんじゃないかと思っています。

私はもやもやするとノートに書いて気持ちを整理しようとするのですが、結局、的確な言葉を探しながらも心が動いていってしまうので、いつももどかしい気分のまま終ることが多いのです。
でも手仕事は、繕い物でもほどくのでも、小さなものを作るのでも、そこにはそれぞれの終着点が必ずあって、それが何か私には大きな安心につながっているのかもしれないと思うことがあります。

ロフトのベッドの改造。fuskさんならきっと見事に変身させるんだろうなあ。
私も、自分で散らかして自分で片付けた古いものを、今、新鮮な気持ちで眺めています。
Commented by kotoko_s at 2017-04-01 21:15
☆佐平次さん
ありがとうございます。元気になりました^^
Commented by kotoko_s at 2017-04-01 22:20
☆jarippeさん
ありがとうございます、芯はなくてフニャフニャですが^^;
フニャフニャなのでなおさら、ちゃんとしなくちゃ!と思ってしまうのでしょう。
夫は私の「こうしなくちゃ」「ああすべき」という完璧志向を軽く打ち砕いてくれるので救われているのだと思います。

>そんな自分なのに自分が可愛くて 時にはこれが私じゃんと
開き直ったりして・・・・・ 今では私なりの私でしかない

いいなあと思いました。自分が可愛いって、一番いいですよね^^
派手に爆発したら落ち着きました。
自分以外の誰かになることはできない・・・私も私なりにやっていこうと思います^^
Commented by kotoko_s at 2017-04-01 22:32
☆PochiPochiさん
そうですか、PochiPochiさんにもこんなことがありましたか。
散らかした部屋を片づけながら、こうしないではいられなかった自分を受け入れることができました。
愛着のある対象だからこそ、それを手放したことへの罪悪感のようなものに苦しい気持ちが募ったのですが、古い機は十分、よい時間を共に過ごしてくれたと思います。

こちらはまだ雪の壁の中ですが、光が強くなり日が長くなりました。
明るいほうへ、素直に向いていきますね。ありがとうございます。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-04-01 22:46
↑に書かれているように、
"お皿を叩き(投げ)つけて割る"という事もありましたよ。
若かりし頃ですが。
思いっきり地面に叩きつけて木っ端みじんに割ったときの爽快さ。
スカッとしましたね。
人間生きていれば面白くない事、腹の立つ事などいっぱいありますものね。
Commented by kotoko_s at 2017-04-02 07:45
☆PochiPochiさん
ふふ、ありますか。
思いっきりやると、不思議とすっとするんですよね。
後片付けを自分でやるのにも関わらず^^

>人間生きていれば面白くない事、腹の立つ事などいっぱいありますものね。

まったくその通り!
で、また生き続けていけるのだと思います。
お皿を割るのは圧倒的に女性でしょうね^^
Commented at 2017-04-03 21:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotoko_s at 2017-04-04 21:24
☆鍵コメさん
こんにちは。おいでくださってありがとうございます。
こちらこそ、お読みくださって、お気持ちをお伝えくださって感謝します。
どうぞお大切にお過ごしください。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2017-03-31 12:19 | 作る | Comments(14)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31