君は宝

c0323384_10543207.jpg


また雪になった。
早起きのトーチャンが道踏みから戻り「40センチ」と言う。
デイサービスのお迎えが来る前にもう一度踏む。
バアをソリにのっけて送り出してから、さて今日は一日家にいようと決めた。
いつもならバアのいない日は出かけてしまうのだが、こんな雪の日はやめておく。
運転の心配より、留守中に溜まる雪のことを思う。

時々、テープ起こしの仕事をしている。
昨日1本終えたところで、今日は休憩だ。
「LA LA LAND」を流しながら、久しぶりにゆっくり過ごそう。

「テープ起こし」とはカセットテープ時代のまま、今も使われている呼び名だが
実際は録音された音声データをパソコンに送ってもらい、文字にする。
私のように家を離れることが難しいものには都合のいい仕事だ。
が、やったことのある人ならわかっていただけるだろうが、これはめちゃくちゃきつい。
何時間もパソコンの画面を見つめていると、全身バキバキに凝って疲労困憊。
何度聴き返しても聴き取れない箇所もある。専門用語は調べなくてはならない。
滑舌のよくない話者の場合には正直、いらいらもする。
その上、作業費は信じられないほど安い。
それでも続けているのは、これが私にとって意味のある仕事だからだ。

やっているのは、ある精神科で毎月行われているセミナーの記録である。
毎回、ドクターの話と様々な事例を聴きながら反応が起こる。
私自身うつ病で苦しんだ時期があり、今もその傾向は消えたわけじゃない。
だから似たような事例を聴けばフラッシュバックして具合が悪くなることもある。
それでも聴きたい、知りたいと思う。
病気のメカニズムや歴史、精神医学のごく一端でも。学びは自分の力となる。
いつか、これらの言葉が必要とする誰かのもとに届く日を願いながら文字に起こす。


疲れきった青年が呟く。「死にたいです」
ドクターが静かに、熱心に語りかける。
「死んじゃ駄目だよ、絶対に。
宝なんだから。君は、僕らみんなの宝なんだから」


これは2年前のことだったが。今、この青年は生きている。

私は、病気になってよかったと心から思う。
苦しんでもがいて、まったくのお手上げ状態になって初めて見えるものがあったからだ。
与えられるものは苦しみでさえ(だからこそ)、意味があるのだと思えるようになった。




[PR]
Commented by fusk-en25 at 2017-03-08 17:27
身にしみる。。
私も「君」になりたい。誰かの宝でおれるように。。。。
Commented by saheizi-inokori at 2017-03-08 21:51
私は死にたくなったあの頃が懐かしいくらいに図々しく生きているなあ。
でもあれがよかったのかもしれないと思います。
Commented by kotoko_s at 2017-03-09 08:33
☆fuskさん
私もこの言葉が印象深く、自分への励ましとして記憶にとどめました。
ドクターが「僕の」ではなく「僕らの」と言ったのにも、意味があったのだろうと思います。
誰でも、誰かの宝なんですよね、きっと、必ず。
Commented by kotoko_s at 2017-03-09 08:41
☆佐平次さん
懐かしいと思える、ってすごくいいですね。
私も、もっとも苦しかった時期をふりかえって今は懐かしい感じがします。
暗闇を知ると、それを抜けたときの光の有り難さが身に沁みます。
そうはいっても、まあ、生きていく限りいろいろありますよね。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2017-03-08 12:59 | ある日 | Comments(4)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31