古典を読む

c0323384_11000955.jpg




友人に薦められて須賀敦子の「塩一トンの読書」(河出書房新社 2003)を読んだ。
須賀敦子は、好きな、というより特別な存在だったが、これは知らなかった。

「塩一トンの読書」という魅力的な題名の理由は最初の頁で明かされる。
「ひとりの人を理解するまでには、すくなくも、一トンの塩をいっしょに舐めなければだめなのよ」という、作家の姑の言葉。
本、とくに古典を読むことについても、人間同士のつきあいに似ている、と作家はいう。

「読んだつもり」になっていた本をじっさいに読んで、そのあたらしさにおどろくこともすばらしいが、ずっと以前に読んで、こうだと思っていた本を読み返してみて、まえに読んだときとはすっかり印象が違って、それがなんともうれしいことがある。それは、年月のうちに、読み手自身が変るからで、子供のときには喧嘩したり、相手に無関心だったりしたのに、おとなになってから、なにかのきっかけで、深い親しみをもつようになる友人に似ている。(「塩一トンの読書」)

有名な本なので、そのあらすじぐらいはなんとなく聞き知っていて
それで「読んだつもり」になっている、という本がたくさんある。
でも、知っている、というのと、読んでみた、というのとは違う。
それは実際に本を手にとって読んでみるとはっきりわかるものなのだ。
いまだ手にとったことのない古典。膨大な量だなあ。
須賀敦子が紹介している本の中には、私でも「知っている」本も何冊かあったが
その一冊も、実は読んだことがない。

あんまり若いころに読んでしまったものも、知っているつもりの本である。

小学校の何年生だったか、国語の教科書に芥川龍之介の「蜘蛛の糸」が載っていた。
感想文を書くことになり、私は怒りながら短い感想を書いたことを思い出す。
「犍陀多が登ってきた蜘蛛の糸を、あとちょっというところでプツンと切ってしまうなんて
お釈迦様はなんて薄情なんだろう。嫌なおはなしです」というような。
先生は困った顔をされていたが、私は得意になっていた。
未熟なこころというものはオソロシイ。わからないことを嫌いだと決めつける。
私は芥川龍之介とお釈迦様を嫌いなままオトナになった。

c0323384_13142752.jpgあるとき、ふと、芥川賞というけれども、その元になった作家をちゃんと読んだことがなかったなと思い、「羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇」(文春文庫)を買ってきた。
何十年ぶりかであの「蜘蛛の糸」も読んだ。そして驚いた。
お釈迦様を無慈悲だと決めつけるに至ったような記述がどこにもなかったのである。
この短い物語から伝わってきたのはそんな単純なことではなくて、幼いころにはわからなかった人間のかなしさやおかしみだった。
それに、全体を包むゆったりとした明るさ。
記憶の中の印象がすっかり変わってしまった。
ほかの話もすべて面白かった。
やはり子ども時代に読んだ「杜子春」や「トロッコ」は初めて出合ったような新鮮さ。「雛」も「玄鶴山房」も好きだ。
芥川龍之介、好きかも。


私たちは、詩や小説の「すじ」だけを知ろうとして、それが「どんなふうに」書かれているかを自分で把握する手間をはぶくことが多すぎないか。たとえば漱石の『我輩は猫である』を、すじだけで語ってしまったら、作者がじっさいに力を入れたところを、きれいに無視するのだから、ずいぶん貧弱な愉しみしか味わえないだろう。おなじことはどの古典作品についてもいえる。読書の愉しみとは、ほかでもない、この「どのように」を味わうことにあるのだから。(「塩一トンの読書」)


何度も頁を戻るような読み方しかできないし、すぐ忘れてしまうのだけれど
それでもいいんだな。
何度でも読んで、そのたびに味わいたい、と思う。






[PR]
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-02-18 16:59
今日は。
須賀敦子「塩一トンの読書」、作品展が終わったら読もうと
思っていました。
須賀敦子の作品はいいですね。
何度でも読み返したい大好きな作家の一人です。
今は早く作品展が終わり、落ち着いて読みたいなぁと、
今日のkotoko_sさんのブログを読んで思いました。
Commented by kotoko_s at 2016-02-18 21:01
☆PochiPochiさん
こんにちは。
この本、ご存知でしたか。
須賀敦子は、憧れと言うのも憚られるような気持になる特別な作家なのですが、この本も、何度も読み返したいと思っています。
作品展の会期中はお忙しいですね。
落ち着かれたら、どうぞ楽しみに(^^*
Commented by poirier_AAA at 2016-02-18 23:55
小学生の子どもにはその年齢にふさわしい思考があるのが当然で、それがまさに「お釈迦様はなんて薄情なんだろう。嫌なおはなしです」だと思うのです。先生は困った顔なんてしなくてもよかったのに。確かに小説の読み方としては未熟かもしれないけれど、でも年齢なりの健康な感じ方だと思うし、健やかに育った子だとわたしなら微笑ましく感じます。

自分もかわるし、変わった自分にあわせて本も違う面を見せてくれる、だから何十年と生きても発見があって面白いのかも。未熟万歳、すこ〜しずつ熟していく人生万歳、ですよね。
Commented by kotoko_s at 2016-02-19 09:35
☆梨の木さん
梨の木さんが先生だったら私も救われたなあ。
ほかの生徒の感想は、おおむね「カンダタは自分勝手だったのでいけなかったんだと思います」という方向だったような。当時の私は、それこそいかにも教条的でイヤな感じをもった記憶があります。
「こころ」とか「高瀬舟」とか、小学校の教科書には今思うと結構難しい作品が載っていました。今読むと全然違う感想を持つのですね。
そうですよね、変っていくことができるのは、未熟だからこそですね。未熟万歳(^^*
Commented by saheizi-inokori at 2016-02-19 10:26
本を読むって料理を味わうようなものだと思います。
むしゃむしゃ食ってしまうと腹がいっぱいになるだけ。
ゆっくりと、盛り付け方、切り方、柔らかさや硬さ、味のコンビネーション、噛んでいる間、後味、、その一瞬一瞬を楽しめれば最高。
でもたいていは忘れてしまう、ただウマかったとかそれだけ。
それがいい、それしかないなと思うようになりました。
Commented by kotoko_s at 2016-02-19 20:17
☆佐平次さん
ああ、料理。そうですね、わかるような気がします。
佐平次さんのようにどんどん読めたらどんなに楽しいだろうかといつも思うのですが、胃袋が軟弱なのです。
でも、こだわらずに自分流に楽しんでいくのがいいですね(^^*
Commented by fusk-en25 at 2016-02-21 10:40
私はつい最近まで同じ本を2度読むことはほぼなかった。
割と中身も覚えていると錯覚していて。。
この頃、時たま読み返し始め?て。
好きなのはあまり変わらないのだけれど。ワクワク度が違ってきている気がします。
芥川は好きでした、若い時から。。簡潔さがいい。
Commented by kotoko_s at 2016-02-21 20:20
☆fuskさん
私はなんでもすぐ忘れてしまうので、何度読んでもそのたびに新鮮という特技の持ち主です(笑)
新しい本も読もうかなと思うのですが、つい、古い本をまた開いてしまいます。
芥川、私も好きになりました。もっと早く読めばよかったな(^^*
Commented at 2016-02-24 07:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotoko_s at 2016-02-24 23:00
☆鍵コメさん
ありがとうございます、昨日はささやかなお祝いをしました。
90歳。それだけでほんとに、すごい、と私も思います。

篠田桃紅さんの本、ちょうど今日、書店でちょっと立ち読みしたんですよ。

まだまだ寒いですね。どうぞご自愛くださいね。
ありがとうございました、嬉しかったです(^^*
Commented by ももの母 at 2016-02-27 13:11 x
「塩一トンの読書」読みたくなりました。
話は変わりますが、
毎週日曜日午前10時からふくしまFMで、作家の小川洋子さんが推薦されている作品を放送されています。
その中で、岩波書店から児童文学書「父さんの手紙はぜんぶおぼえた」という本を紹介されていました。
ユダヤ人の父親から娘に送った絵が描かれている手紙です。
ナチスから逃げるために、6人の家族がバラバラになって、名前を変えて、地下抵抗運動家に身をよせます。戦時中その一家の末娘を案じて、父親が絵を描いた手紙を送り続けました。女の子を親戚の子として家にかくまう医師は、父親の手紙を女の子に渡したあと、必ず「読んだらすぐ返すように」と約束させます。その手紙は、ナチスに見つからないためにも焼却しなけらばならないからです。女の子は、その約束を守るために手紙を全部覚えてしまいます。その手紙はとても愛情深い手紙です。
そして何通かの手紙のやり取後、戦争が終わり、父親が女の子を迎えに来た日、かくまっていた医師は、女の子に父親の手紙を渡しました。
医師は、焼却できなかったのです。土中深く、手紙を埋めていたのです。
この話は実際にあった話です。
この家族は、身体の弱い母親は亡くなりましたが、他は全員生きていました。
心に静かに入ってくる、とてもよい本でしたよ。
是非、一度手にとって読んでみてください。
Commented by kotoko_s at 2016-02-28 22:49
☆ももちゃんのお母さん
素敵な本のご紹介ありがとうございます。
さっそくネットで注文してしまいました。
きっと手元に置きたくなる一冊だと思いましたので。届くのが楽しみです。

ところでふくしまFMなのですが。こちらではラジオがうまく入らないんですよ、残念です(^^*
Commented by ももの母 at 2016-02-29 20:48 x
ふくしまFMのラジオが聞けないのは残念です。
でも、「パナソニックメロディアスライブラリー」と検索すると、紹介した本が載っていますよ。
今週、私も忙しくて聞けませんでしたが、
ケストナーの「点子ちゃんとアントン」を紹介していました。面白そうなので読んでみよかと思っています。
Commented by kotoko_s at 2016-02-29 21:03
☆ももちゃんのお母さん
検索してみました、楽しそうですね。
「点子ちゃんとアントン」は懐かしい本です。
ケストナーは少女時代の大事な作家のひとりでした。
今、読むとまた違った感想をもつかもしれないですね。読んでみたくなりました。
よい番組をご紹介くださってありがとうございました(^^*
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2016-02-18 13:01 | 読む | Comments(14)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31