「海街diary」のこと

c0323384_23210916.jpg



映画「海街diary」を観たのは夏の帰省の折だった。

綾瀬はるか演じる長女・幸(さち)があなたに重なる、と知人に言われたが
それはその通りだろうと思う。
長女(長子)というヤツはどうしてこう、ひとりでなんでも抱え込んでしまうんだ。
幸の不器用さをいとおしい気持で見た。

家族を棄てて出ていったまま死んだ父親、子どもを守るより自分を選んだ母親。
そして腹違いの妹の存在。
深刻で厳しい「機能不全家族」には違いない。
にもかかわらず、この全体を流れる穏やかさはなんだろう。

姉妹の住む古い家がその穏やかさを象徴する。
カマドウマの潜む古びたタイルの風呂場、狭い階段や縁側、梅の木のある庭。
それらがどこもきれいだった。古いものを手入れして守り続けていることがわかる。
そこにあるものをあるがままに、けれども少しずつ、磨いているのだと思った。
ああ、この風景はよく知っている、とたびたび感じた。
祖母と暮らした家や、転々と引っ越したいくつかの借家。私自身の遠い日が重なる。


c0323384_23212158.jpg


映画の原作が吉田秋生の同名の漫画だということは、後に知った。
吉田秋生は好きな作家の一人だったのに。
映画を観たあと、この作家への懐かしさもあってコミックをオトナ買いしてしまった。
原作は今も連載中である。姉妹の物語は続いているのだ。
映画では描かれなかった部分が、原作にはもちろんたくさんあるし
原作よりも映画で印象深かったシーンというのもあった。


映画のパンフレットの最後に、是枝監督の言葉がある。

『なぜ原作には3姉妹の中に、ひきとった腹違いの末妹をいじめたりする姉がいないのだろう?
それが脚本を書いている時に浮かんだ疑問だった。

しかし、この原作者はそのような誰もが考えるであろうドラマチックな展開を選択しなかった。

私は浅薄な人間の対立をことさら強調し、あおり立てるような態度は、この物語にはふさわしくないのだろうという判断に至ったのである。』


末妹のすず(広瀬すず)がボーイフレンドの自転車の後ろに乗り
満開の桜のトンネルを走ってゆくシーン。
涙が出た。
やわらかなものに胸の扉をそっとノックされるような。

美しい映画だった。
もう一度観たい。



[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2015-11-09 09:28
》浅薄な人間の対立、耳が痛いです。
Commented by fusk-en25 at 2015-11-09 11:18
まだうちの街で上映しています。
観にいらっしゃいますか?。。。笑。

私にとっても海街の家は懐かしい佇まいでした。
実家とそっくりに近い。人間関係の状況もいくらか似ている。
一人っ子でしたから姉妹のおりなす様はわからないのですが。。。やっぱり祖母(母方の)に育てられました。
Commented by kotoko_s at 2015-11-10 21:51
☆佐平次さん
長女の幸が感情を抑えきれず激しい口調になったり、まったく穏やかなだけではないのですけど。
ドラマチックな仕立てになっていないだけに、あとでふりかえっていろいろと考えさせられる作品でした。
Commented by kotoko_s at 2015-11-10 22:09
☆fuskさん
そちらでは上映中なのですね、行きたいです^^
旅の疲れの上、レイトショーだったので、次回は万全の体調でゆっくり観たいなと思います。

ご実家にそっくりに近いのですか。いいですね、あの縁側と庭がことに好きでした。
fuskさんは一人っ子でいらっしゃるのですね。
子どもの頃、2人の弟と末の妹、3人ともいらなかったのに!と思っていましたよ。
どうしたら家の中でひとりになれるか、そればかり考えていました。
映画の中の三女の千佳、彼女のやわらかな存在がとても好ましく感じられました。
私と妹の間に、彼女のような妹がいたら状況は大きく違っていただろうなあ、と。

私もおばあちゃん子なのですよ。父方ですが。懐かしいです。

fuskさんの記事のおかげでこれを書くことができました。
自分自身のために、書いておけてよかったと思います。
ありがとうございました^^
Commented at 2015-11-11 07:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotoko_s at 2015-11-11 07:35
☆鍵コメさん
おはようございます。
そうですね、これはテレビ放映も楽しみですね。
原作の漫画もお勧めです。

こちらこそ、ありがとうございます。
今日は少しゆっくりします。
鍵コメさんもどうぞあったかく^^*
Commented at 2015-11-14 10:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotoko_s at 2015-11-14 22:12
☆鍵コメさん
こんばんは^^
これ、ぜひご覧ください、そして感想を聞かせて!!
私もそういう長女だったのでねぇ・笑
私は観てから少し時間がたったので、感じていることが直後とは違ってきたんだな、と思います。

風邪、流行ってますよねえ、大丈夫ですか。
私もいつまでも咳が出てるのですが、熱はないので普通に動いています。
そのキャンディ、私も好きでした、こちらではどこに売ってるんだろう^^
大事にしましょう、お互いに^^
Commented by 鬼藤千春の小説・短歌 at 2015-11-15 10:13 x
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。
Commented by kotoko_s at 2015-11-15 12:20
☆ 鬼藤千春の小説・短歌さん
はじめまして、お越しくださってありがとうございます。
小説や短歌をなさっておられるのですね。
ブログもどうぞ楽しんでくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
by kotoko_s | 2015-11-09 09:18 | 観る | Comments(10)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30