はぎれでつくる

c0323384_14591180.jpg


なにか作りたくなった。
本当は裂き織をしたい気分なのだが、機(はた)がない。
いつでもできるよう布を裂いておこうかとも思ったが
どうもそういうのとも違う。
カタチになるものが作りたかった。

暮しの手帖 88(2017.6-7月号)に「ハギレを手縫いで」という記事があったのを思い出し作ってみることにした。
しかしいつも思うことだが、暮しの手帖の「ものづくり」頁は不親切だ。
ある程度やったことのある人なら「あのことか」とわかるかもしれないが
まったくの初心者には言葉の意味すら不明である。
私はある号に載っていたレース糸のアクセサリーをついに編み始めることもできなかった。
私の理解力のなさは認めるが、「はじめての人はこれ」というのでさえ無理だったとは。

今回は私でも作れた。
でも、私が編集者だったらやっぱりもっと親切に解説するなあ。


c0323384_14593902.jpg

土台となる布を探したらちょうどいいのがあった。
夫の着古したブルーの麻のシャツ。
しっかりした生地で、背中の部分がたっぷり使えるので切っておいたものだ。
そこにハギレをのせていく。
私のワンピース、義母の野良着など古い布に、会津木綿も少し。
色を選ぶのはいつも楽しい。


c0323384_15000117.jpg

下になる布から土台にちくちく縫い付けていく。
糸はたまたまあった刺繍糸。布ごとに色を変えてみる。


c0323384_15003153.jpg

仕上がり40×60センチ。棚に掛けてみたらちょうど目隠しになった。



なんということもないテワッサ(会津言葉で「手遊び」に近い手仕事)だが。
久しぶりに肩の力が抜けておおいに楽しんだ。




[PR]
# by kotoko_s | 2017-09-11 16:30 | 作る | Comments(16)

子どもと。


地元の子どもたちとダンボール織を楽しみました。

小学校1年と2年、今年は総勢10名。

3年前からお手伝いしています。


c0323384_23180118.jpg

織り機はダンボールと割箸。

2回の教室を終えたら、子どもたちにプレゼントします。


c0323384_23185504.jpg

女の子たちはおしゃべりしながら。


c0323384_23193698.jpg

2年生の男の子の作品


c0323384_23200388.jpg

2年生の女の子作


c0323384_23375619.jpg

初めての1年生



c0323384_23204179.jpg




c0323384_23373456.jpg


子どもたちと過ごす時間は本当に楽しい。

世界にたったひとつの作品がたくさんできました。

今年も一緒にできて幸せだったよ。

ちょっと感傷的な気分になっている私を残して

あっというまに帰っていった子どもたち。

ふりかえらない、ってすばらしいねえ。

ありがとう。

来年も会えますように。




[PR]
# by kotoko_s | 2017-09-07 23:52 | 作る | Comments(10)

c0323384_10523324.jpg
                      


9月の声を聞いたとたん、肌寒くなった。
晴れ渡った空をどこまでも雲が流れてゆく。風がひんやりと心地いい。
庭先の水場でサンダルの底を洗う。
からりと乾いたあと、磨いて箱にしまった。
もう夏は終ったのだ。

衣替えをしながらふと思い立ち
「開かずの箪笥」の引き出しを開けてみる。
そこには昔の日記がぎっしり詰まっている。
結婚祝いにいただいた分厚い10年連用日記に、B6版ノートが20冊余り。
何度か読み返したそれらを部屋の真ん中に全部積み上げ
久しぶりに開いてみた。

腹が決まった。
捨てよう。

いつかは処分しなくちゃ、と思ってはいたが。
そのたびに、やっぱりもう少し置いておこう、捨てるのはいつでもできるし、とまたしまいこんだ。
読み返すと当時の情景や気持がよみがえって胸の底がうずく。
良くも悪くも自分の軌跡に違いないのだから大切にしなくてはと思う。
「その時の言葉」はいつ読み返しても、捨てるに忍びなかった。

それが今回は不思議なことに、あっさりと気持が決まった。
入院したこともきっかけのひとつになったのかもしれない。
もし、ある日、急に自分で自分のことができなくなったら。
それが今日だとしたら。
そう思ったら、古い日記を捨てることに迷いがなくなった。

1ページ破くとためらいはすっかり消えた。
腱鞘炎になりそうな指をさすりつつ、ひたすら破いては紙袋に詰めた。
ぎゅうぎゅう詰めにして3つの小さな袋に収まった私の20年間。
新しい季節を迎える前に、大きな宿題を片付けたようにさっぱりした。



c0323384_11073399.jpg
                トチの木



ノートの中には、本から書き写した言葉もたくさんあった。
この詩も。


峠   真壁 仁

峠は決定をしいるところだ。
峠には訣別のためのあかるい憂愁がながれている。
峠路をのぼりつめたものは
のしかかってくる天碧に身をさらし
やがてそれを背にする。
風景はそこで綴じあっているが
ひとつをうしなうことなしに
別個の風景にはいってゆけない。
大きな喪失にたえてのみ
あたらしい世界がひらける。
峠にたつとき
すぎ来しみちはなつかしく
ひらけくるみちはたのしい。
みちはこたえない。
みちはかぎりなくさそうばかりだ。
峠のうえの空はあこがれのようにあまい。
たとえ行手がきまっていても
ひとはそこで
ひとつの世界にわかれねばならぬ。
そのおもいをうずめるため
たびびとはゆっくり小便をしたり
摘みくさをしたり
たばこをくゆらしたりして
見えるかぎりの風景を眼におさめる。




c0323384_11115607.jpg



「ひとつをうしなうことなしに
別個の風景にはいってゆけない。
大きな喪失にたえてのみ
あたらしい世界がひらける。」


生きてゆくとは痛みの連続なのかもしれない。
大きな喪失と呼べるほどの痛みを、私はまだ味わっていないとも思った。
まだ、あたらしくなれる、とも。

自分が記した言葉は確かにいとおしかった。
あの膨大な言葉は、日々、明日へと一歩踏み出すための必然だった。
よくがんばってきたじゃないかと思えた。
だからもう、書いたものはここになくても大丈夫になったのかもしれない。







[PR]
# by kotoko_s | 2017-09-03 13:23 | 読む | Comments(16)

自在の心

c0323384_13514764.jpg
桜の幹にからみついたコクワ(サルナシ)が風に揺れる



このところ病院づいていて少々気落ちしている。
胆のう手術のあとは大腸内視鏡検査、それも大事に至らずよかったのだが
しばらくは静かに生活するようにとのこと、予定していたことができなくなってしまった。
本当は今週、帰省するつもりだった。
こんなことなら検査なんて後回しにすればよかったと後悔したが、仕方ない。
自分も両親もこうして無事であることに感謝しよう。


c0323384_13520071.jpg
5年前、義母が木蓮の根元に植えた野ブドウ 初めて実をつけた



しばらく手にとることのなかった『暮しの手帖』だが、最近はたまに買う。
ふと、手近にあった6-7月号の「家庭学校」を何気なく読んで、思わず笑ってしまった。


「私は、霊峰富士を背にした富士市のケアハウスに暮らしています。気持ちは乙女ですが、85歳。老人です。今あるのは、たっぷりの時間と夢だけですが、夢は自由自在です。テレビで見たおいしい料理を食べ、旅することだってできます。」

「2年前に倒れて以来、最近のことは忘れてしまいますので、すぐに書き留めておくようにしています。足腰が立たず、一日中車椅子に乗る生活ですが、手と口、耳は健在ですので、スタッフさんを笑わせたり、時々困らせたりもしています。年寄りの集まりには小さな諍いもあって、私もちょっと憎まれ口をきいたりします。反省しています。」


うふふ。

退屈しのぎに始めた「言葉遊び」について

気がつくと平仮名の羅列になっているので、小学生用の漢字辞典を枕元に置いています。漢字は、漢字ノートに5Bの鉛筆で書いて練習しているのですが、書くのは大変疲れますので、やはり気負わずに時々。恥ずかしながら駄作を少々。」

「湧いて出ることばの泉おおいいぞ早く書き留めねばすぐ消える急げ」
「昔話聞くも語るも楽しげに嘘か真か刻は流れる」
「呆け女房似た者亭主の世話を焼き」
「生きてきた時が今の顔にでる悔いても遅いが気づくだけまし」

あはは。

「今朝は、車椅子を押してくれたスタッフさんが『今日の富士山は綺麗よ』と、廊下を遠回りして見せてくれました。キラキラと美しかったこと。周りの方に優しく支えられて、日々、皆さんに自然に『ありがとう』と言える私は、幸せです。」


巧まざるユーモアに笑いながら、85歳のこの女性(N.Mさん)に感服した。
この投稿文のタイトルは「自在の心」。
「自在」とは、邪魔するものがなく思うとおりになること、と辞書にはあるが、仏教用語でもあるらしい。
煩悩の束縛から解放されて自由になることが「自在」。
ならば縛っているのは自分自身だったということか。

この女性のように、今ここにあること、あるがままに感謝して生きられる人が
本当に幸せな人というのだろう。
周りの人も嬉しいに違いない。



c0323384_13522450.jpg
こんなに可憐なのにヘクソカズラとは・・・



元気に実家のために力を尽くしている弟妹たちを遠くで眺めながら
なんとなくさびしい、残念な気持だった。
私だってできることをやっているんだぞ、などと
いい年して言ってみたいような気持になったりもした。
自由にならない境遇を今更ながら嘆いてみたり。
だが、きっとすべて必要だから備えられているのだ。
病気も休養も老いた義母との生活も、すべて。
私に最良のことが与えられている。
「自在の心」で生きたいなあと思う。





[PR]
# by kotoko_s | 2017-08-21 16:09 | 読む | Comments(12)

自分のために


c0323384_13554291.jpg


先日、胆のう摘出手術のために入院した。
胆のう摘出というとなにやら恐ろしげだが
友人にもいるし、何より家族の半数はやっているので
私にとってはさほど特別感がない。手術も腹腔鏡だし。
胆石はあっても症状がなければ経過観察でいいが
私は何度か症状が出ていたので、胆のうごと取ることになった。
昔は石だけ機械で砕いたり薬で溶かしたり、といったこともあったようだが
再発の恐れもあるので最近は胆のうごと取っちゃうのが主流らしい。

腹腔鏡手術は20年近く前に一度体験している。
退院のとき、穿いてきたジーパンのボタンが留められなかったので
(おなかがふくれているし、おへその傷が痛い)
今回はワンピースを用意した。
スリッパは危険なのでかかとのある靴にしてください、というので
旅行用のきれいなブルーの室内履きにしたらこれが軽くて便利だった。
使い捨てにして惜しくない安さだったし。
と、入院に向けての買物もなんとなくわくわくする。
不謹慎かもしれないが、このところ疲れもたまっていたので
いい骨休めになるなあとちょっと楽しみにしていたほどだ。

当初、術後2日ぐらいで退院も可能と聞いて、あわてて
「先生、できることなら1週間は入院させてください」とお願いした。
「帰ったらどうしても動かなくちゃならないので」
女性は皆さん、そうなんですよね、と優しい先生は笑って
ベッドが空いていたらOKですと言ってくださった。
バア、トーチャン、ごめん。

結局、回復状況もみて6日目に退院したが
あんなに休みたかったのに、退院当日は回診前に早々と着替えてしまったくらい、早く外の空気に触れたかった。
体はもちろんだが、なんとなく自分の中身が生まれ変わったような気がして、早くそれを確かめてみたいような不思議な心持ちだったのだ。


c0323384_13570969.jpg



命に関わるような病気ではなく短い期間だったが
今回の入院はとても大きなことを教えてくれた。
入院は(検査入院も含めてだが)今回で6度目である。
考えてみると、自分で思っていたほど私は頑丈ではなかったのだ。
昔からよく「無理しないで」と言われていた。
そう言われても、自分では無理をしている自覚がない。
どこまでが大丈夫で、どこからが無理になるのかがわからない。
けれども、この入院中にああそうだったんだ、と気づくことがあった。

手術の翌日の晩、微熱と頭痛で眠れなかった。
術後は熱が出ると知っていたし、頭痛は前からだし。
だから私は我慢した。
我慢して、でもどうしても我慢できなくなって、ナースコールを押した。
看護師さんに、いつからですか、と聞かれた。我慢しないでくださいね。
痛み止めの薬と冷たい枕をもらって、ようやく眠ることができた。

翌朝すっきりと目覚めて、とても気分がよかった。
体が楽だとこんなに気持ちのいいものなのか。
そういえばいつもなんとなく不調を抱えていたなあと思った。
昨夜、なぜ苦痛を我慢していたんだろう。
苦しいと訴えて助けを求めることを、なぜためらっていたのだろう。
これまでの生き方の癖のようなものがいろいろとよみがえってきて
あのときも、あのときも、と思い当たった。



c0323384_14021809.jpg



自分を後回しにして頑張らなくてはならない時というのが結構ある。
そういうときはまた力も湧いてくるもので、多少の無理もきく。
でも、それが常態化してしまったら
後回しにされた自分はどこで休むのだろう?

あんまり自分のことをちゃんと考えてこなかったんだな。
無理かどうかもわからなくなるほど、身の丈以上に頑張りすぎていたんだな。
私はいったい何が不安だったんだろう。
頑張らないとダメだと自分を駆り立てる不安は、どこからきているんだろう。

そうか、やっぱり、誰かに認められたかったんだな、というところに落ち着くまで、暇にまかせて検証していた。
辿りついたのは、「自分のために生きよう」であった。

自分のために時間を使うことにいつもうしろめたさを感じてきた。
楽しむことに罪悪感があった。
これは私の成育歴とも関係があるだろう。
だから気づいた時点でそんな思い違いは手放していいはずだが、いまだにそれがうまくできないままだったのだ。
「ひとのために」「社会のために」が幼い頃からの母の口癖だったが。
真の意味でそれができるのは、自分自身を大切にできる人である。

入院というのは非常事態で、家族には心配も世話もかけたが
おかげさまで大切なことを学んだ。
何か特別なことができたり人から認められることは嬉しいことではあるけれど
それよりも。
自分の心身をできるだけ安らかに健やかに保ち
素直に心を開いて、人に甘えさせていただくことに感謝できる。
明るい心持ちの人間になりたいものだと心から願ったことでした。


c0323384_13584297.jpg



何かのご参考までに。
実は数年前に胆石があることは知らされていた。
痛くなったら来てくださいと言われていたのをすっかり忘れ。
食べ過ぎたり油モノを摂ったあと必ずもたれや吐き気や痛みがあったのを
市販の胃薬は効かないとか、あの店の油は古いんだとか、とにかく何かのせいにして、決して自分の胆のうのことは考えなかったのである。
胆のう炎の痛みは激烈だといわれるが、それは急性の場合。
私のように痛みに鈍かったり、我慢できないほどではない場合も症状は出ているのです(主にみぞおちから右側、背中なども)。
また頭痛は首の痛みからきているのですが、最近はひどくなっていて。
これを機にパソコンに向かう時間も減らし、生活を変えようと考えています。



いろいろ反省し、心から感謝いたします。
長いものをお読みくださって、ありがとうございました。






[PR]
# by kotoko_s | 2017-07-30 14:06 | ある日 | Comments(18)

 あれこれ


by haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30